2006年03月20日

国境での出来事

タイ⇔ラオス間の国境はいくつかある。

私が行ったことがあるのは、
タイ・ノンカイ⇔ラオス・ビエンチャン(2回)

タイ・チェンコーン⇔ラオス・ファイサーイ(1回)

タイ・チョーンメック⇔ラオス・ワンタオ(1回)

上の2つの国境は、どちらもメコン川を渡る方法。
そして3つ目の国境は、陸続きの国境越え。
四方を海で囲まれている日本人にはちょっと不思議な感覚の陸続きの国境越え。

2005-08-14_13.45.25.JPG

タイ側のイミグレで出国の手続きをし、テクテクと柵をまたいでラオス入り♪

2005-08-14_13.45.37.JPG

ヤッホゥ!大好きなラオス入国〜♪

2005-08-14_13.50.01.JPG

真っ直ぐにのびた道路右側にラオスのイミグレがあり、そこで入国の手続きをする。

早速入国手続きをしようと窓口から中を覗くと・・・アレ?誰も居ない。
「サバイディー!!!」と大きな声を張り上げても、誰も出てきてくれない。
おかしいなぁ・・・
いくらノンビリ屋のラオス人とはいえ、イミグレで誰も出て来ないなんて今までなかったこと。
建物の裏手に回ったり、また表に回ったり・・・何度も何度も声をかけてやっと出て来てくれた。
なぁーんだ、居てるんやったら早よう出てこいっちゅーの!

しかし、ここからがまた恐ろしくノンビリ。
「用紙はあっちであげるから、向こうに回って。」
と言われ、荷物を持って建物の反対側へ。
そしてそこで同じ人(中はひとつの広い部屋なの)に用紙をもらい、必要事項を記入し書類を渡す。
そしたらまた、
「あっちで手続きをするから、また向こうに回って。」
えーっ、またぁ?
仕方ない。また荷物を持って建物の反対側へ回る。

そしたら・・・なんとぉ!!!

「70バーツ渡しなさい」

と、私のパスポートをヒラヒラさせながら言われた。
一瞬何のことか分からず、?なマヌケな顔をしていたら、再度

「70バーツだよ、70バーツ出しなさい。」

手続きに必要な費用はさっき払ったはず。
えー?一体何のお金なの?
訳の分からないと言う顔をしていたら、隣に居た夫、何やらピーンときたようで、「さっさと払ってしまおう」と70バーツを係りの人へ。
お金を渡すとすぐにパスポートを返してくれた。
夫曰く、
「賄賂」
そうなんだ・・・
今まで3回ラオス入りしているけど、他の国境ではこんな要求一度もなかった。

そのあと、チャンパサックのゲストハウスで一緒になった旅人(日本人2人・スペイン人1人)に聞くと、同じように要求されたらしい。
日本人2人は私達と同じような金額。
しかしスペイン人が要求された金額は、アジア人の私達よりも高かった。

1バーツは日本円で約3円なので、たいした金額ではないけど、向こうの人にしてみれば結構良い小遣い稼ぎになる。
現に、チャンパサックで泊まったゲストハウスの1泊の宿泊代は、この賄賂よりも安かったんだから!
posted by はるたん at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Laos | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国境の係りの人までかぁ〜・・・悲しい現実なんだよね。

この国境の はるたんの疑問
まさに、縮小されて 同じ感覚なのが 私なのよ。

北海道に居た時は考えもしなかったけど

ちょっと進めば他県に入り、また川口に戻ったり・・・
かと思ったら、今度はまた違う県

関東エリアに引っ越してから 毎回あたまを悩ませちゃいますよ・・・・
地理大嫌いだったし〜、方向音痴だし!
(* ̄m ̄) ププッ
Posted by きゃんべる at 2006年03月20日 22:30
♪♪きゃんべるちゃんへ♪♪

でも金額がちょっと可愛いでしょ(笑)
タイにしてもラオスにしても、とても穏やかな人種なので、全然横柄な物言いじゃなかったよ。

そうだよね〜、北海道はどこまで行っても海を渡らない限り「北海道」だもんね。
本州、特に関東は本当にわけが分からない〜
Posted by はるたん at 2006年03月21日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック