2016年11月05日

今季初もの、opalで三角ミニショール

PhotoGrid_1477576246521.jpg
PhotoGrid_1478218612763.jpg
すてきにハンドメイド10月号掲載の、キルト作家・斎藤先生デザインのミニショール。
去年冬にkeitoやさんで購入していたopal糸・6号針で編みました。

見本は角にタッセル付き。
しかしタッセルって糸をたくさん使うので、どうしようか悩みながら取り敢えず指定段まで編んでみることに。
指定段でサイズをチェックすると、見本より15センチほど小さく、私の広くてたくましい肩にかけるにはあまりにも小さすぎたため、お洒落タッセルは諦め、私の肩サイズ重視で編み進めました。
1段飛ばしで左右1目ずつ増目していくので、1段毎の段染め糸の消費長さを目分量で確認しつつアミアミアミアミ…
そして、100グラム420メートルをキレイに編みきりました!

あ〜スッキリ!\(^o^)/

ガーター編みは体に自然にフィットするので、肩にかけたまま家事で動きまわっても落ちたりずれたりしません。
Opalは靴下用の毛糸なので軽くて丈夫で温かい(*^^*)
色も日本にはない配色で編んでいて楽しい〜

いよいよニットシーズンイン!
今年は棒針メインで楽しみます♪

posted by はるたん at 14:18| Comment(0) | 編み物レース編み | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: