2011年10月23日

乗馬始めます

午後から乗馬クラブへ体験レッスンに行ってきました。

馬は一度は乗ってみたいけど、少々怖い(大きいし)という不安な気持ちも抱きつつ、ワクワクドキドキしながら訪れた乗馬クラブ。

体験レッスン用の馬は4頭いて、私は大人しくて真面目な男前のブレンディという馬を、夫は少々破天荒で自己中心的なバラードという馬に乗りました。

初対面の馬に挨拶する時、実は私がバラードのほうに立ったの。
馬のおでこを撫でる時にバラードが顔を前に押し出して私を突いたの。(軽くネ)
それを見たインストラクターの方が、バラードは私をナメているから、馬を交換したほうが良いとのこと。
どうやらバラードは私の『ちょっと怖い』という恐怖感を敏感に察知し、『ヘヘーンだ、こいつビビってやんの!吃驚させたれ〜』と顔を押し出したみたい。
だってバラードの顔、大きくて怖かったんだもん・・・

馬を交換し、私は美馬のブレンディに改めてご挨拶。
ブレンディはシュッとした細面の顔でお目目キラキラ☆
キラキラお目目はまるでさかな君みたいねぇ〜
おでこを撫で、首筋をバンバン叩き(結構力強く叩く)、フワフワの口の下やら鼻を存分に撫で回し気分はすっかりムツゴロウさん。

ブレンディ、初めてのドヘタクソだけどヨロシクね♪

レッスン場は小さめのサークルで、グルグル回りながらテクテク歩きから始めます。
初めての馬上はとっても高くて、馬のちょっとした動きでもビクビクドキドキ。
でもこのビクビク感が馬にも伝わってしまうと馬も同じように怖がってしまうらしいので、馬の首筋をバンバン叩きながら『ブレンディ、ブレンディ〜』と声をかけ続けました。
ブレンディは本当に優しい馬で、歩き出すのも止まるのも、私が怖くないように、そーっとゆっくり。
おかげで馬上の高さの恐怖感はすぐに気にならなくなりました。
ありがとう、ブレンディ〜

ゆっくりテクテク歩きに慣れると、次は馬上で手綱を離し身体を前に倒して馬の頭を触ったり、反対に身体を反らして馬の尻尾まで手を伸ばしたり。
座る位置・足の位置や力の入れ方・姿勢が悪いとこれらが上手く出来ません。
お腹に力を入れ、ビシッと姿勢を正すと自分も馬もふらつくことなく前後左右身体を伸ばすことが出来るの。

基本の姿勢のコツが何となく掴めるようになると、いよいよちょっとだけ早足のパカパカ歩きの練習を開始。
ここでは更に腹筋と背筋を意識し、馬のパカパカリズムに合わせて、馬上の自分も『立つ・座る』動作を繰り返します。
これがかなりキツイ!
自分では立つ座るを繰り返しているつもりでも、『馬上で跳ねてるだけ』
やや前傾姿勢にして、大げさに立つ・ゆっくり座る・・・
立つ時は太ももでガシッと馬の背中をホールドするので、足の内側全体の筋肉を存分にイジメ倒します。
この動作、スクワットするよりもキツイよ〜

最初は全然出来なかったけど、ここでもブレンディの

『ホレホレ、はるたん、このリズムに合わせて〜』

とパカパカ楽しそうに弾んでくれたので、そのリズムに何とか合わせることが出来るようになりました。
馬とパカパカリズムが合うと『立つ・座る』がキツイけど楽しくなり、更にその楽しいって気持ちが馬にも伝わっているみたい。
インストラクターの方も、今日のブレンディはとっても張り切っているって仰っていました。

ブレンディは元々競走馬だったらしいので走るのが大好きなんだって。
以前まで通常レッスン用の馬として活躍していたけど、走るのが大好きゆえ、レッスンの時に他の馬との間をわざと必要以上に空けて、ダッシュできる距離まで空くといきなりダッシュし、何度も落馬させる行為を繰り返すようになったそうです。
広い場所ではどうしても走りたいという欲望を抑えきれないブレンディ。
しかし、このまま通常レッスンで会員さんを乗せ続けることはとっても危険です。
でも性格はとっても優しくて良い馬なので、走れない小さいサークルを使用し、初めての人に馬の楽しさを実感してもらう体験レッスン専用の馬になったそうです。

40分の馬上レッスンはあっという間で、最初に抱いていた馬への恐怖心はすっかり薄れ、楽しい気持ちにさせてくれたブレンディを馬上からギューっと抱きしめレッスンは無事終了。
馬上から降りた後も、ブレンディを褒めて抱きしめてお水を飲ませてと、またまたムツゴロウさん気分。
気分屋で扱いにくい(らしい)バラードも夫に好意的な態度を見せ、夫もとっても楽しかったみたい。

すっかり馬の楽しさを実感した私。
家も近いし、出来れば始めたいな〜と思いつつもやはり問題はマネー¥よねぇ〜
私、今無職だし。
夫はどうなのかしらん・・・

片付けの後インストラクターにクラブの概要やレッスン内容の説明を受け、いよいよマネーの説明を・・・

と、夫。
説明を受けたあと、まさかのサクッと入会。

え?いいの??

夫曰く、
体験レッスンだけでは本当の楽しさや自分に合う合わないは分からない。
せっかくのチャンスだからとりあえずやってみよう!

もちろん、入会金やら会費やら必要経費は全て夫が出してくれて、更に来週からのレッスンに合わせてキュロットと呼ばれる乗馬用のズボンも買ってくれました。
ありがとう、夫〜
(ブーツ・プロテクタ・ヘルメットは暫くレンタルです)

というわけで、来週末の朝一番のレッスンからいよいよ乗馬デビューです。
記念すべき第一回目の馬はどんな馬なのかな〜
実は早くも気になる馬がいるのです。
その馬は葦毛の美馬で、レッスン前に厩舎を見学した時に、ムーンと顔を出してくれたの。
名前はフルル。
好奇心旺盛で勢いのある馬で、年齢もまだ若いのでちょっとやんちゃらしいです。
短気なのか、隣の厩舎にいる馬が気に入らないと、バンバン壁を蹴ったりフゴフゴ鼻息荒くぼやいているんだって。
扱いが難しそうな馬なので、この馬に乗れるようになるのは当分先だけど、フルルに乗れることを密かに夢見て頑張ります。
待っててね〜フルル♪

posted by はるたん at 23:08| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

乗馬キュロット

スッキリ快晴の千葉地方。

昨日今日とキレイな青空ですね〜
昨日は1日家に居たので、今日はこれからテクテク歩いて千葉駅周辺までお散歩に行ってきます。
大好きなアンデルセンでパン買ってこよう♪
なんだかすっかり隠居生活。

さてさて、今週末からレッスン開始の乗馬ですが、ワタクシ乗馬用のパンツの事を『キュロット』と呼ぶことを初めて知りました。
あのピチパツのズボン(キュロットやって)・・・

入会申し込みをしたとき、トレーナーの方から乗馬用の備品はどうするか聞かれました。
キュロット、ブーツ、プロテクタ、ヘルメットね。
上着はシャツでもTシャツでもトレーナーでも何でも良いそうなの。
ただし汚れても良い服で。
ここのクラブのトレーナーの方は、皆さんお揃いで縦じまのシャツを着ています。
縦じまのシャツを着ると、馬はトレーナーと勘違いして大人しく言うことを聞くとか(笑)

上着は適当にするとして、ズボンは動きやすい専用のキュロットを購入したほうがいいと勧められ、勧められるままに試着をし・・・クラブで購入してしまいました。
お値段、3万ちょっと!
うへーっ!高いなぁ〜
でもこれでも安いほうなんだって。

周りを見渡すと、会員の方、特に女性は若い人もオバハンもスリムもぽっちゃりさんも、皆さんとってもオシャレなキュロットをお召しになっていらっしゃる。
チェック柄が多かったな〜
チェック柄カワイイよね。

チェック柄じゃないけど、これカワイイ〜♪

ヘリンボンオシャレキュロット

私もこういうの穿きたいけど、足が太いので格好悪い。
なので無難、かつ、トレーナーの方皆さん穿かれているものと同じ無地のキュロットにしました。
そしてまさかの夫とお揃いです。
今やすっかり死語となった”ペアルック” 怖いわ〜

しかしですね、この乗馬用のキュロットというものは、似合う・似合わないがスパッとハッキリしていて、足が細く長い夫はとてもよく似合うのに対し、足が太く短い私は

『これ、人様にさらけ出すのかなりヤバくない??』

すると、夫とトレーナー(女性)の方は、

『自分が気にするほど他人は全然見てないから大丈夫よ!』

そうね、皆さん馬しか見てないもんね。
しかし夫、

『でもおかしいな〜
 10年前はこんな足じゃなかったのにな〜
 何時の間にこんなに育ってしまったんやろ』

さあ・・・私も謎なのよ。

というわけで、これから毎週末ごん太の足を思い切りさらけ出して頑張ります。

キュロットの生地は縦横斜めと恐ろしく良く伸びるんだけど、私が上達するのが早いか、生地が悲鳴を上げるのが早いかこれから勝負だわね。
って、こんなん勝負にならんと思うけど。


そうそう、もうひとつ目標が出来ました。

1、葦毛の美馬・フルルに乗れるようになること。

2、来年札幌のmiki(コットンショップ・プータンのmikiちゃんよ)ちゃんと、北海道で外乗ライディングをすること。

mikiちゃんって本当に何でも出来るスーパーウーマン。
スキーは元アルペン強化選手だって知ってたけど、まさか乗馬も出来るとは!
一緒にやりたいことがどんどん増えて嬉しいな〜
がんばろうっと。
mikiちゃん、待っててね〜

posted by はるたん at 13:41| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

乗馬レッスン1鞍目

爽やかな秋晴れの千葉地方♪
今日は待ちに待った乗馬レッスン第1回目でした。

この日のために1週間毎日乗馬クラブのテキストを繰り返し読んでイメージトレーニングをしてきた私。
テクテクにビリーにヨガにと頑張りました。

以下は自分のための乗馬レッスンメモ。

・レッスン時間:45分

・馬匹名:ファンドリーマジック(オス)

・見た目:茶色。体躯は中くらいの350キロくらいかな。

・特徴1:ノンビリ屋で大人しく温和な仔。
     たくさん撫でると自分から顔を摺り寄せて甘えてくる(カワイイ♪)。
     食べるのが大好きらしく、常に口をモシャモシャ動かしている。

・特徴2:あまり動きたくないタイプのようで、歩くのもゆっくり。
     引き馬は楽で、手綱は軽く持つだけでこちらに合わせて動いてくれる。
 
     前進させるときの合図が伝わりにくい。
     ポンと軽くお腹を蹴ると、ワンテンポ送れて発進する。
     停止は手綱ナシで、身体を軽く後方に倒す姿勢だけでスッと止まってくれる。
     
・レッスン内容:馬の表情を確認する方法
        洗い場への誘導方法・立ち位置・馬具の種類と装着方法
        引き馬の方法

        乗馬・下馬方法
        腹帯の締め方・鐙の長さと足の位置
        騎乗時の姿勢と足の位置
        目線の位置
        前進と停止の合図の送り方
        停止状態での立つ・座る練習
        常歩状態での立つ・座る練習

・今日の注意点:立つ・座るの際に、足全体の内側を馬の腹に固定出来るようになること。


ファーストレッスンはマンツーマンで、細かく丁寧に教えてもらいました。
初心者のレッスンでは、厩舎から馬を出すのはトレーナーまたはお世話係の方がやってくれ、洗い場と呼ばれる馬をつなぐ場所に鞍を着けた状態で待機してくれています。

夫の馬はスピードファイヤーというこげ茶色の大きな馬。
ちょこっとだけ噛み癖があるため、マウスピースを付けていました。
体も大きいし、名前のとおり走るのが大好きな馬なのかしらと思いきや、この仔もノンビリ屋さんで、エンジンがかかるのが遅いらしい(笑)
45分のレッスン中も何度か勝手に止まっていました。
ちょうど夫も連日の仕事疲れでボケーっとしていたので、それが馬にもうつっちゃったのかもね。

洗い場から馬場まではゆるやかな坂道。
手綱を軽く持ち、私が馬の左前に立ち、『さあ、行こう』と声をかけるだけでファンドリーマジックはすっと動いてくれ、何の不安も無く馬場まで誘導できました。
止まる時も、私が止まると馬もピタッと止まってくれるし。
なんていい仔なんだ〜♪
もちろん、何かする毎にいっぱいナデナデしてスキンシップも忘れません。
おかげで45分のレッスン後には、顔を摺り寄せてきてくれたの。
久々に胸がキューン☆となり、1人ニヤニヤ。

お天気も良いし、このまま1日中練習したかったけど、夫が仕事を持ち帰っているためワンレッスンのみで終了しました。

次のレッスンは来月3日。
今日よりも騎乗時間は長いみたい。
馬はレッスン内容に合わせてトレーナーが選んでくれます。
初心者向けには今日のファンドリーマジックのように大人しい仔をつけてくれるようです。
次に乗る馬はどんな仔かな〜
スクワットしながら妄想街道突っ走ろうっと。
・・・
いや、ビリー隊長のレッスンに足の内側を苛め倒すメニューがあったはず。
困ったときにはやっぱりビリーよね♪

posted by はるたん at 23:00| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

乗馬レッスン2鞍目

11月とは思えないほどポカポカ陽気だった千葉地方。

今日も朝から張り切って乗馬レッスンに行ってきました。

自分のためのレッスンメモ。

・レッスン時間:45分

・馬匹名:ロディ(オス)

・見た目:こげ茶色のキレイな毛並み。
     おでこにカワイイ白のハートの模様入り。(めっちゃキュートなの♪)
     体躯は中くらいだが、体高が他の馬と比べて低め。

・特徴1:最初におでこを撫でたとき、耳が後ろに反り馬が後ずさり。(理由は下記へ)
     改めて目の前に立ち、
     目を離さずジーっと見つめると、顔を近づけてくれた。(カワイイ) 
  
・特徴2:大人しいがよく動く。
     反応はとても良く、
     前進は腹を蹴らなくても、ちょっと挟み込むように圧力をかけるだけで動いてくれる。

     停止は手綱ナシで身体を後方に10度ほど倒すだけで止まってくれる。
     パカパカ駆け足もほんの少し腹にポンポンと合図するだけでOK。
     
     ロディのパカパカリズムと馬上の立つ・座るのリズムが合致すると、
     とたんに駆け足も速く軽やかになる走るのが好きな仔。

・レッスン内容:馬具装着練習(着ける、外す)
        腹帯の締め方とチェックの仕方

        馬上での足の位置
        手綱の長さと持ち方
        目線、姿勢など。

        立つ・座るの練習(常歩と速足)

・今日の注意点:踵が下がり過ぎているため、もう少しあげること。


今日のレッスンは4人で、私達夫婦のほかに、ちびっ子と20代くらいのお嬢さん。
お嬢さんは半年ほど休んでいたため、ビギナーでお久しぶりレッスンとのこと。
お嬢さんの担当の馬はモロちゃんという大きな仔で、トレーナーが厩舎から引いてきた時点からプリプリ怒ってる。
更に馬具装着、特に腹帯を締めるのが大嫌いのようでイヤイヤと暴れていました。
馬場についた後は、トレーナーが馬を走らせようやく落ち着きました。
それでもレッスン中に何度か気に入らないことがあったようで(腹を蹴るのが気に入らなかったのか?)終始プリプリしてたわ。

ちびっ子は乗馬が大好きなようで最初から最後までテンションが高い高い。
今日で15鞍目らしく、なかなか上手かったけど、ちびっ子の担当の馬が悪かったみたい。
セリカという白馬で、クラブで一番人気の馬らしいのだけどサボリ癖があるらしく、思うように動いてくれず馬はやる気ナシモード全開。
ちびっ子はちょっとイライラ。
チビちゃんがロディに乗れば良かったね。

ロディは洗い場でマウスピースを付けていて、ずっとフゴフゴ言っていたの。
マウスピース=噛み癖のある仔なのかしらと、ちょっと不安に感じながらもおでこを撫でると・・・

馬って本当に人の心が読めるのね。
特徴1にも書いたけど、耳が後ろに寝た状態になり、後ずさりをしたの。
私の些細な不安感を敏感に察知したのね。
ごめんよ、ロディ。
改めて目の前に立ち、じーーーーっと見詰め合うこと数十秒。
耳も元通り前向きの状態になり、フゴフゴ言いながら顔を近づけてくれました。

マウスピースをつけている理由は、他の馬やトレーナーの方を噛むため。
私達会員は絶対に噛まないそうです。
マウスピースは洗い場からレッスンの馬場までの往復はつけているけど、レッスン中は外します。

引き馬のときも馬場についてからも、ロディは私のほうをジーっと見てくれて、その姿にメロメロ〜
今回もムツゴロウさんばりにナデナデ。

さて、今日の立つ・座る練習のとき、トレーナーから1回目よりも上手くなっていると褒めていただきました。
足のどの部分に力を入れるのかをちゃんと把握していれば、スッと立つ・座るが出来ます。
でも上手く出来ないときは、足に力を入れていないか、踵が下がり過ぎているため。
踵は下がり気味にするんだけど、下がり過ぎてもダメなのよね・・・
次回のレッスンの時は、もっと足の親指に力を入れて下がり過ぎないように注意が必要です。

トレーナーの方から、このまま続けて次のレッスンも出来ますよって声をかけてもらったのだけど、ゆうべガイコク人達ともんじゃパーティ&カラオケで、大はしゃぎしてバリバリの二日酔いの夫のせいで、1レッスンのみで終了しました。
チッ。

次回のレッスンはちょっと間が開いて、来週の土曜日。
ちょっとずつフルルに近づいています♪

posted by はるたん at 22:19| 東京 🌁| | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

出費いろいろ

週末〜月曜日はバタバタと時間がないので、今日のうちに。

乗馬レッスン、20日以上もレッスンの間隔が開いてしまってます。
前回の2鞍目のレッスンが今月3日。
本当は12日の旅行当日の午前中に行く予定にしていたのだけど、夫がギリギリまで仕事でバタバタしていたのでキャンセルしました。
そして先日の23日に予約をし直したんだけど、またもや夫!
風邪を引いてしまいダウン。
今週末も忙しそうなので、3鞍目のレッスン日が決まらないよ〜

というわけで、このあいだに乗馬に必要なグッズを購入することにしました。

必要なものは、

・キュロット(ピチピチパンツ)
1万以内からあるけど、形や色、メーカーなどの好みでピンキリ。
これは体験レッスン⇒申し込みの時に、

『普通のズボンでも出来るけど・・・やっぱり専用のキュロットを1枚持っていたほうが良いですよ!』

と、言われるがままに試着し定価で購入しちゃった。
クラブで買うと高いので、2枚目は絶対に他所の安いところで買おうと決心。
春先までは1枚で頑張ります。

・ヘルメット(乗馬用)
これも1万以内〜2万くらいまで。

ヘルメットは1回目も2回目もクラブでレンタルしてたの。
しかし・・・いろんな人が使うのでめっちゃクサイ!死ぬほどクサイ!!
おでこに汗止めシートを貼っても、頭って想像以上に汗をかくので、前に使った人の汗でベッチョリしていたり、過去の汗が染み付いて芳ばしいニホイを発散していて、それを被るのにかなりの勇気がいるのよね。
ええーい!と被ってしまえば、自分の頭でニホイをシャットアウトしてくれるので、レッスン中はクサイニオイで失神することはないんだけど、レッスン終了後の自分の頭が臭すぎる〜オエーッ
他は妥協できてもヘルメットは絶対、『マイヘルメット』が必要よ。

・ブーツ(乗馬用)
1万位〜10万位まであり、ピンキリ。
習っている乗馬クラブは、英国式の乗馬レッスンをしているので、ウエスタンブーツにテンガロンハットではありません。
黒または茶色のロングブーツか、ショートブーツにハーフチャップスを着用します。
見た目はロングブーツのほうが断然カッコイイ。
でも、足の浮腫みが激しい私にはロングブーツは無理よ。
クラブでもロングブーツ派はそんなに見かけないので、ショートブーツ&ハーフチャップスのスタイルにします。
これもレンタルしていたんだけど、毎回クラブ購入を強く強く勧められるのがかなりイヤ。
合皮やゴムよりも絶対に革製で馬に足先を踏まれても安全なようにセーフティブーツを勧められるの。
素材は別として、確かに馬場ではつま先に鉄板が入っているセーフティブーツのほうが良いわね。
でもね、あの強引な買わせ方が嫌なのよ〜

・ハーフチャップス
安くてショボイのだと3千円くらい、通常は1万前後かな。
革製だと1万以上のピンキリ。

クラブで勧められたのは、合皮の1万くらいのやつ。
これってネットで検索すればもっと安く手に入るんじゃない??
革製は見た目シュッとしてカッコイイけど、お手入れが大変。
初心者はジャブジャブ洗える素材じゃなくちゃね。

・グローブ
千円台〜
今までは手持ちの軍手(釣りでも使用)でやってて問題なしだったけど、これから真冬のレッスンでは綿の軍手だと寒すぎるかしらと思い、冬用のヌクヌクグローブを用意。

・プロテクタ
レンタルで十分ね♪
これもかなり臭いけど、まだ我慢できるレベル。
上手になるとプロテクタつけていない人も多いんだけど・・・大丈夫なのかしらね。

初心者だとこんなもんかな。
上手になってくると、鞭だの拍車だのと色々必要になってくるみたいだけど、それらを使うのはまだまだ先のこと。
そうそう、クラブでは馬の鞍も売ってます。
だけどさ・・・
馬によってサイズが違うし、自分の専用馬(マイ馬)持ってない人が、高価な鞍を買うのっておかしくない??
でもこれもクラブのスタッフは、恐ろしい笑顔で勧めてるのよ。

あとはキュロットやウエアにどれだけお金をかけるか。
乗馬はオシャレ優先ではないので、今のところは必要最低限レベルでOK。

クラブでアレコレ購入を勧められていた概算が2人で10万だったけど、ワタクシ、ネットで検索しまくって半額の5万で抑えることに成功しました!!
偉いわ〜私。

ヘルメット・ハーフチャップス・グローブは明日にも届くようです。
ブーツは現在問い合わせ中。
こちらも定価よりも2割ほど安く手に入りそうです。
もちろん馬に踏まれても大丈夫なセーフティブーツよ。
色は夫は黒、私は茶色で揃えました。

新しいグッズを身につけてのレッスン、楽しみだな〜ウフフ。
その前に早く3鞍目の予約日を確定しなくちゃ。
レッスン日までビリーのトレーニングは必須ですぞ。
posted by はるたん at 19:22| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

乗馬レッスン3鞍目

毎日残業&休日出勤覚悟で始めた新しいお仕事。
忙しかったのも最初の3日間だけ〜
日中調子に乗ってガンガン仕事やってるので、ほとんど残業しない&休日出勤ゼロで快適な日々を送っています。
家も近いし♪ウフフ。


さて、このところ冬らしいお天気になってきたので、そろそろヌクヌクのお馬たんが恋しくなってきました。
というわけで、先日の土曜日の午後、久々に乗馬レッスンを受けてきました。
この日のためにヘルメット・ブーツ・チャップス・手袋を購入したんだもんネ〜。
レンタルしたのはボディプロテクタだけです。

ここからは自分のためのレッスンメモ。


・レッスン時間:45分

・馬匹名:セリカ(オスかメスか不明・どっちだっけ?)

・見た目:白馬。
     乗馬クラブ内一番人気?の可愛くてキレイな美馬。


・特徴1:とにかくノンビリおっとりしている。
     初対面でもポワーンとしていて、すぐに顔を近づけスリスリしてくる甘えん坊。

・特徴2:ノンビリしている中に、サボリ癖もあり。
     常に頭が下がっていて、45分のレッスン中殆ど頭を上げない。
     足の号令には反応するが、他の馬よりもワンテンポもツーテンポも遅れて歩き出す。
     やや駆け足では常に足の号令を(馬の腹を軽く蹴り続ける)出しておく必要がある。

・レッスン内容:厩舎からの馬の出し方。
        馬場など他の馬がたくさん居る中での馬の引き方。
        無口のつけ方、外し方。
        鞍のつけ方。

        並足、軽駆け足の号令の出し方。
        立つ・座るの速度と足の力の入れ方、姿勢、目線。
        軽駆け足での馬とのリズムの合わせ方。

・今日の注意点:ナシ♪
        立つ・座るがキチンと出来、リズム良く馬に乗れていると褒めていただきました。
        ビリーのあの足のレッスンが利いてるわ〜


今回のレッスンの担当の馬・セリカは、とってもとっても可愛いんだけど・・・
ちょっとリズムが合わせ難い印象をうけたの。
なんてたって私以上にスローテンポなんだもん。
レッスン中ほとんど頭が下がり気味で、頭を上げようと手綱を短く持とうとするとすぐに止まっちゃうし、足の号令を止めるとこれまた止まっちゃうし。
インストラクターの方も、

『セリカはノンビリ屋の上に、すぐにサボろうとする。』

と。
カワイイ顔してグウタラ馬なのね(笑)
この仔にやる気を出させてウハウハ走らせるには、もっともっと練習してかなり上級レベルにならないとダメなんだとか。
良い仔なので初心者レッスンに多く借り出されるようだけど、実はとっても扱いが難しい仔なんだそうです。

ちなみに前回乗ったやる気全開モードのロディちゃんは、同じレッスンの他の方が担当していました。
ちょうどセリカの後ろだったので、走りたいロディはノンビリのセリカにイライラモード。

『セリカよ、はよ走らんかいっ!』

と、レッスン中何度もセリカの尻尾を噛んでました。
しかしセリカは尻尾を噛まれても知らん顔でノンビリ〜

次のレッスンは来週土曜日。
次回で超初心者コースを卒業出来るかもらしいです。
次回あたりちょっぴり短気で大きな仔・モロちゃんに当たりそうな予感・・・
モロちゃんは引き馬が難しそうなので、いつも馬場までインストラクターの方が引いて暫く走らせてからレッスンに参加しています。
そんなモロちゃんと仲良くなれるといいな。
頑張るぞ〜♪

posted by はるたん at 22:09| 東京 ☁| | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

絶好の乗馬レッスン日和!

寒いですね〜
ゆうべはコタツで寝転んで本を読みそのまま眠ってしまいました。
あぁ、ダラ奥だわ〜

今日は寒いけど朝からキレイな青空の千葉地方。
絶好の乗馬日和です。

今月は誕生月なので、自分の好きな馬に騎乗出来るチケットをいただきました。
でもね、まだ超初心者なので憧れのフルルちゃんを指名するのは無理。
彼女はまだ1歳ちょっとの好奇心旺盛な若馬で、ベテランのインストラクターの方でも乗るのがとっても難しいんだそうです。
他の仔は指名できるほど全然知らないので、今年のこのチケットは見送ることにしました。

4鞍目の馬たんはどんな仔かなぁ〜楽しみ☆
午前中スクワットしとこっ!



posted by はるたん at 10:32| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

乗馬レッスン4鞍目

3連休の初日、あまりの寒さに家で引きこもって過ごした我が家。
皆さんはどのようなお休みを満喫中でしょうか・・・
明日も寒そうだけど、2日続けて引きこもりはつまんないので、明日は早起きしてまた千葉の田舎の山へハイキングに行ってきます。
こんなに寒いから、天敵・蛇も冬眠中だよね。


さて、先週の土曜日の午後、久々に乗馬レッスンを受けてきました。
それも2レッスンも!!
大きくてあたたかい馬に乗っていると、日頃の疲れは何処かへ飛んでいきます。
しかしレッスン後はクタクタ。
今回は2レッスン続けて受けてきたので、その日の夜はバタンキューだったわ。
でも馬って本当に可愛くて、出来る事なら毎日通いたいです。

ここからはいつも通り自分のためのレッスンメモです。

レッスン時間:45分

馬匹名:モロ(オス)

見た目:他の馬よりもひときわ大きく、コーヒー色のツヤツヤ毛並みの迫力のある仔。

特徴1:ちょっと神経質っぽい。
    夏の暑さ、冬の寒さに弱いらしい。
    プリプリ怒っているのはどうやら寒いからなんだとか・・・(カワイイ)
    他の仔よりもお腹がとっても敏感なため、
    洗い場での馬装と腹帯を締めるのはトレーナーの役目で、
    馬場に着いてからトレーナーが騎乗し、軽速足の状態で調整。
    馬場までの引き馬は素直に従う。

特徴2:レッスン開始直後から頭は上がっていて、的確に扶助(号令)を出すと素直に動く。
    体高がとても高くて幅もあるため安定感は抜群に良い。
    軽速足の乗り心地は今まで乗った馬に比べて一番良い。

レッスン内容:厩舎から馬の出し方
       無口のつけ方
       ハミのつけ方
       鞍のつけ方、つけた後の調整方法

       引き馬の方法

       並足・軽速足の足の扶助(号令)の出し方
       足の圧迫の仕方
       踵内側の使い方
       踵を下げて馬を止める方法
      
       手綱の持ち方

今日の注意点:速足の時手綱が緩んでしまうので、緩めないように注意する。
       手綱を持つ手の位置を少し下げる。

さあさあ、やっぱり事前の予感的中のモロちゃん。
今日の担当馬がモロちゃんだと分かると、一気に緊張してしまった私。
夫の担当馬はロディちゃんで、出来れば交換して欲しいと思ったほど!
だってモロちゃんいつもプリプリ怒ってるんだもん・・・

でもこういう気持ちでモロちゃんに接するのは絶対にダメ。
馬は人間の些細な気持ちを敏感に察知するので、

『よし!今日はモロちゃんと絶対に仲良くなるんだ!』

と気持ちをしっかりと持ち、モロちゃんに負けないくらい大きく目を開いて接しました。
洗い場で挨拶するとき、モロちゃんはほんの少し耳を後ろに伏せてしまい後ずさり。
でも私から目を離しません。
私もモロちゃんの左前に立ち

『モロちゃん、今日はヨロシクね。一緒に頑張ろうね。』

と首筋をナデナデ。
でもなんだかご機嫌斜めな感じ・・・
すると、馬装を手伝ってくださるトレーナーの方が

『モロのイヤーネットがズレてるから気持ち悪がってるよ』

と、斜めになってるイヤーネットをササッと手直ししてくださいました。
モロちゃん気づかなくてごめんよ〜

モロは無口やハミ、鞍などの馬装を着ける時、他の馬よりも嫌がりかなり暴れるため、この仔の馬装はトレーナーさんが全部やってくれます。
レッスン中鞍がずれないように腹帯をしっかり締めるのは馬場に着いて騎乗し、駆け足の状態で馬上から締めて調整します。
これは初心者は危険で難しいので最終馬装もトレーナーさんの役目。
でも洗い場から馬場までの引き馬は私の役目。
ビギナーレッスンは4〜6人で行い、馬の性格に合わせて並ぶ順番を決めるの。
モロちゃんと私の番が来て、モロに

『さあ、行こう!』

と手綱を引くと・・・大きくてつぶらな瞳をこちらに向けてスッと動いてくれる。
引き馬はとっても楽チンでした。

鞍の最終装着も終わり、再びモロが私の元に来てくれいよいよ騎乗です。
しかし・・・大きいので騎乗出来ない〜
クラブでは、ハリウッド映画などの騎乗シーンのような華麗な騎乗方法はしません。
70〜80センチくらいの踏み台に乗り、手綱とたてがみを左手でしっかりと握り、左足を鐙にかけて左側から騎乗します。

モロの場合はこの踏み台に爪先立ちしてもまだ鐙に左足が届かないよ〜
身長160センチ・股下75センチの短足をこれでもかーっ!と言うほど高く上げても届かない。
トレーナーさんに私の左側のお尻をグイッと持ち上げてもらい、やっと鐙に何とか左足のつま先を引っ掛けることが出来、無事に騎乗。
フウゥ〜騎乗するだけで一苦労だわ。
でもモロちゃんはこの間もじーっと動かず大人しく待っててくれました。
なんていい仔なんだ〜ありがとう!
高さも横幅もある大きな仔なので横揺れも少なく安定感は抜群です。

並足発進の扶助は足の内側に力を入れて軽くお腹を圧迫するだけでOK。
軽速足の扶助は、今まではお腹を軽くポンポンと蹴る方法をとっていたけど、今日から・・・
そうそう!超初心者コースを卒業し、この4鞍目からはビギナーコースに上がりました♪
なので、足の扶助も新しい方法、踵を使う方法を教えてもらいました。
並足から軽速足にする時の扶助は踵をお腹に当て、軽く踵を上げます。
踵で馬のお腹を軽く掻く感じ。
モロの場合はこのサインを良く受け取り、すぐに駆け足になるの。
乗り心地が良いのでどんどんスピードを出したくなっちゃう(笑)
でも手綱の持ち方が甘いのか、走っているとどんどん手綱が緩んでしまうのが今回の注意点。
なので軽速足の時、左手だけサドルホルダーという鞍についている補助を手綱と一緒に掴み、右手は手綱だけ持つアドバイスを受けました。
それでもどんどん緩んじゃう。
はぁ〜難しい。

今回も45分のレッスンはあっという間で、もっと馬に乗りたい気分。
こんな気持ちにさせてくれる馬に感謝だわ。
レッスン中もレッスン終わってからもムツゴロウさんばりにモロをナデナデ。
すると・・・モロが何度も何度も私に大きなお顔を摺り寄せてきてくれたの。
か、カワイイ。
引き馬で洗い場までの道のり・・・といってもほんの10数メーターなんだけど、この間もモロは顔を摺り寄せてくれたの。
でもね、歩きながらのスリスリはちょっと危険なのよ。
馬の頭は70キロ以上あるので、歩きながら勢いのついた状態で頭を寄せられると、頑丈な私でもふらついてしまうの。
洗い場に戻ってからもずっと私を見つめて顔を摺り寄せてくれるモロちゃん。
ヘタクソな私の相手をしてくれてありがとうネ。

モロはビギナーコースで活躍する馬のようなので、これからも騎乗する機会がいっぱいありそう。
楽しみがまたひとつ増えました。

で、今月誕生日の私は1回だけ好きな馬を指名できるチャンスがあります。
どうせフルルに乗れないから今年は見送りだわ〜と思っていたんだけど、トレーナーさんにこの指名できる馬について質問してみました。
やっぱりビギナーでは乗れる馬には限りがあるんだって。
それに今年はもうレッスンに通えないので、今月中の次回の指名は無理。
でもトレーナーさんが特別に来月(1月)のレッスンで適用できるよう配慮してくださり、馬を指名できることに♪
どうしよう、どうしよう。
今日のモロの乗り心地にメロメロになった私。
モロを指名しようかしら・・・
それともロディを指名しようかしら。
悩みに悩んで、ロディを指名させてもらうことにしました♪
おでこにハートマークがある駆け足の好きなロディ。
体高が低く短足の私でも楽々騎乗出来るロディ。
来年初騎乗が今から楽しみです〜ウフフ。

その前に、この日続けて受けた2レッスン目のメモもアップしなくちゃ。

posted by はるたん at 23:07| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

乗馬レッスン5鞍目

3連休もあっという間に終わり、あと1週間足らずで今年も終わりですね。

連休中日の土曜日は、6時半起床で千葉の富山(とみさん)という山へハイキングに行こうと予定していたのに、どうしても起きられなくて・・・
結局起きたのは8時半。
これじゃハイキングには遅すぎだよ〜
なので予定を変更し、お昼前から夫とママチャリでご近所探索を楽しみました。
我が家の近所は細かいアップダウンがかなり多い自転車泣かせの地形。
登って下って登って下って〜と30キロ以上も走り、途中から

『これって何かの修行?』

かなりしんどかったけど、冷たい風が心地良くとってもリフレッシュ出来ました。
筋肉痛もなく元気元気です♪


さて、先日の乗馬レッスンの続きです。
今年はもうレッスンに行けないので、4鞍目・5鞍目と続けて受けてきました。
ここからはいつも通り自分のためのレッスンメモ。

レッスン時間:45分

馬匹名:うずら(オス)

見た目:名前の通り白地にうずらの卵のような模様の小柄な馬。

特徴1:お口のいたずらが多いため、厩舎から洗い場へ出す際は必ずトレーナーが行う。
    とにかく落ち着きが無く、馬装するのも一苦労。
    洗い場・馬場までの引き馬の際はマウスピース必須。

特徴2:この仔はかなり人を見て態度を変えるような印象を受ける。
    馬場に付いてからは暴れたりしないけど、全然素直じゃなく、
    なかなか扶助(号令)を聞いてくれない。
    レッスン中盤くらいから諦めたのか?(苦笑)、やっと扶助を聞いてくれるようになった。
    でも油断するとすぐに頭がレッスンサークルよりも外側に向き、
    やる気のない態度を見せる。

レッスン内容:4鞍目と同じ内容プラス、
       誘導(並足状態で左へ曲がる)


今日の注意点:手綱が緩まないように気をつける。
       軽速足の際の立つ・座るはリズム良く乗れているので、
       座る時もう少し太ももの内側に力を入れて軽く座るようにする。


5鞍目の担当の馬は、うずらちゃん。
この仔は4鞍目のレッスン時に、同じレッスンを受けていた他のメンバーの担当馬だったの。
気まぐれでなかなか言うことを聞いてくれない、そうとうクセのある仔。
しかし、この馬を指名する人も居るようで、実はうずらを指名すると指名料が4000円近くかかるらしいの。
お金を払ってまでも乗りたいって思う人が多く居るということは、乗り手が上手だとかなり良い働きをしてくれる仔なんだろうなぁ。
初心者の私にはかなり扱いが難しい仔だったわ。
トレーナーさんも、

『うずらは扱いが難しいのよ。変わりもんだからねぇ〜』


と仰っていました。
とはいっても、カワイイお顔を見ると他の馬同様メローンとなるわけで(笑)
初心者相手に2レッスン続けて頑張ってくれたうずら、例によってレッスン後はナデナデ攻撃でお顔スリスリ。
今度乗るときはもうちょっと上達して、足の扶助がキチンと通じるように頑張るからね!


馬って毛並みや体つき、顔が違うように、性格も本当に全然違うの。
今回のうずらちゃんのように扱いがとっても難しい仔もいれば、1鞍目で乗ったファンドリーマジックのようにとびっきり大人しくて穏やかな仔も。
ビギナー講座に上がってからいきなりレッスン内容も難しくなったけど、習ったことをキチンと身につけられるように、そしてどんな馬でも同じように乗りこなせるように頑張りたいと思います。

最近気がつくと馬のことばかり考えていて、夢でも頻繁に馬が出てくるようになったの。
あぁ、仕事辞めて毎日乗馬通いたいなぁ〜(バカ)
お仕事はすこぶる順調です。

posted by はるたん at 20:57| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

10鞍目の壁

先週は極寒の中、大好きな館山に泊りがけで乗馬修行に出かけた私。
1頭の馬に夫と交代で乗り、1人90分間みっちりプライベートレッスンを受けてきました。
そして、今日はいつもの乗馬クラブでいつもの部班レッスン(グループレッスン)。
先々週、夫の体調不良で節目の10鞍目が流れちゃったので、今日が10鞍目のレッスン。

はぁぁ〜
乗馬って楽しいけど難しい・・・
インストラクターの方に、
姿勢もキレイで良く乗れていて上手でしたよ。
って褒めていただいたけど、残念ながら私、今日は馬と心が微妙にすれ違っていた気がする。

今日の馬場(レッスン場)は、昨日の雨でグチャグチャ。
軽速足で上手くリズムが合いそう??って時に、馬が躓きリズムが崩れ、
馬が軽い足どりで進んでいても、私のリズムが合わず、結局軽速足が続かなかったの。
馬場の状態が悪いから馬も走りにくいって言われたけど、今日の私はダメダメだ〜(涙)

乗馬レッスンメモも溜まってるな〜
今日の担当の馬は、大人しいけど良く走るロクター。
私の足の扶助が利きにくかったので、お初の鞭を何度か使いました。
鞭は使うのはもちろん、ただ持つだけでも難しい。

来週は能を観に行くので乗馬レッスンはお休み。
次のレッスンは再来週なので、この2週間は毎日DVD見て脳内トレーニング頑張ります。

能は
高砂
隠れ狸(通常は狂言で演じられる演目だそうです)
舟弁慶
の豪華3本立てです♪

席は迫力の舞台迫(せり)の特等席!
この日ばかりは馬を忘れて能に集中するぞ〜
posted by はるたん at 00:00| 東京 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

上のクラスへ上がりました♪

お久しぶりです。
先月は一度もブログ更新しなかったけど、毎日元気に過ごしていますよ〜
仕事は私の担当内容はちょっと暇で、お隣の事務担当の派遣さんと

『ヒマね〜帰りたいわね〜(笑)』

と言いながら、上司の許可を得て空いている時間に勉強しています。
とはいっても、仕事とは全く関係ないものをするわけにはいかないので、私は、CADでは簡単に作図できるけど、コンパスと定規で作図するには難しい図形の作図方法を頭の中でシュミレーションしたり(これが老化した脳には良い刺激になるわ)、タッチタイピングの練習をしたり。
タッチタイピングは以前からできるけど、お隣の派遣さんはさすが事務専門なので速い速い!
速いだけでなく正確さも常時100%なの。
彼女を見習ってもっと速く打てるように頑張ってます。

さてさて〜
3月は毎週末決まって雨・雨・雨の連続で、その度に泣く泣くキャンセルし、2月の後半に行った10鞍目で止まっていた乗馬レッスン。
3月最後の土曜日は朝から春の嵐で雨風ともに強く、この日もキャンセル。
クラブは雨でも風でも雪でもレッスンを行うようなんだけど、馬場の状態が悪いと人間も馬も嫌だと思うのよね・・・
乗馬用のレインコートも持っていないので、この日はキャンセルし、翌日4月1日に朝から2鞍続けてレッスンを受けてきました。

1ヶ月ぶりのレッスン11鞍目のお相手はロディ。
そして、上のレッスンに上がる見極めをする12鞍目のお相手は、お初のマックスブライアン。
縦にも横にも大きい馬なので、短足の私は騎乗するにも一苦労。
大人しくよく言うことを聞く馬なんだけど、軽速足のリズムが他の馬と違って独特で、馬とのタイミングを合わせるのがとっても難しい!
ちなみにこの馬、血統がとっても良いスーパーホースなんだって。
競馬の事は全く分からないので、スーパーホースと言われても・・・ねぇ(笑)

というわけで、久しぶりのレッスンで両足がガクガクするほど疲れ果てた結果、無事にひとつ上のレッスンにステップアップすることが出来ました〜☆
次回からは馬も人もワンサカ居る広い馬場でのレッスンになります。
馬も今までビギナークラスで乗ってきた馬とは違う、ひと癖もふた癖もある難しい馬がいっぱいらしいです。
1レッスン10〜12頭(&人)もの大所帯で、自分の担当の馬をどんな状況でもキッチリコントロールし、リズム良く乗れるようになることを徹底的に習うそうです。
馬装も乗った後のお手入れもこれからは自分で。
苦手な腹帯締めるのもこれからは自分でって・・・ひょえーっ!
頑張らなくちゃ。

水曜日から夫は春休み。
現在1人で京都の実家に帰省しています。
(私は仕事ヒマでも休めなかった)
久々の、はるたん・お一人様休日。
何しようかな〜♪
posted by はるたん at 10:29| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

平日のレッスンはよさげ♪乗馬レッスン13鞍目

今日は頑張って2回目の更新です。

今朝、久々の更新を終えた後、掃除して〜洗濯して〜ちょこっとネットやって〜・・・
もう10年の付き合いになる大好きな友達との長電話。
彼女は県は違えど同じ四国出身。
四国独特のノホホンとしたイントネーションやお喋りのペースがピタッと合うし、気心も知れているので、心からリラックスしてお喋りすることが出来る大切な存在です。
お互い何かと忙しいけど、これからも末永くヨロシクね♪
近いうちに一緒に巣鴨散策に行きましょう(笑)

さて。
夕方無事に京都から帰って来た夫。
今回のお土産は、551の豚まんとシューマイ、赤福、京都の美味しい唐辛子、八つ橋、姑お手製のマーマレードと、私の大好きなものばかりを持って帰ってくれました。
あぁ〜美味しくて幸せ☆
今日明日はダイエットの事を忘れて食べちゃおうっと。

ここからは乗馬レッスンの内容です。
夫が水曜日からお休みだったので、今週は初めて平日夜のレッスンを受けてきました♪
定時(17:15)ピッタリに仕事を終え、いそいそとおトイレでスカートの下に乗馬用キュロットを穿き、迎えに来てくれた夫とともにクラブへ。

レッスンは18:45から、そして初めての上のレッスンです。
なんとその日のレッスンは私と夫のたった2人。
インストラクターは10鞍目でご指導いただいた、ハキハキと的確なアドバイスをしてくださるMさん。
少し前に、電話でMさんに

『マンツーマンレッスンを受けるならMさんに教えていただきたい!』

とラブコールを送っていたの。
今日は通常のグループレッスンなんだけど、たまたま?夫と2人のほぼマンツーマン状態。
おかげで、あまりの嬉しさと緊張でドキドキし、私の悪い癖・おトイレ近い病(笑)に。
クラブに到着してレッスン開始までの30分足らずで3回もおトイレに走っちゃったわ〜
レッスン開始15分前にMさんに連れられ初めての大きな洗い場に行き、洗い場の使用マナーを教えていただきました。
平日の夜(最終レッスン時間)は、馬も人も少ないけど、通常私たちが通う週末は朝から夕方までどの時間でも馬も人も満員御礼状態なんだって。
聞くと、週末・祝日はなんと1日で400人以上の会員さんが出入りするらしいです。
さすが全国展開のマンモスクラブ!
もちろん皆が皆、ベテランさんばかりではありません。
私たちのようなビギナーから上がってきたばかりのヒヨッコも大勢いて、500キロ近いパートナー(馬)を動かすわけなので、怪我やトラブルがないように、最初にしっかり洗い場・広い馬場でのマナーを教えていただきました。

このレッスンでは、今まで指導員の方にやっていただいていた馬装を自分で行わないといけません。
ただし、各厩舎から洗い場まで馬を連れてくるのはまだまだとっても危険なので、指導員の方がおこなってくれます。
鞍も今まで乗っていた大きなビギナー用に比べ一回り以上小さな鞍で、苦手な腹帯も上のほうに付いていて、騎乗してから馬に乗ったままで調整出来るようになっています。

新しいレッスンお初の馬は、リゲルという茶色の大きなオスの4歳馬。
大人しい性格のようで、慣れない馬装でアタフタしている間も、暴れずノホホーンと待ってくれていました。
そうそう、今までアップしているレッスンメモに馬の性別をオスと書いていますが、正確には去勢済みのオスです。
セン馬って言うんだって。
通っているクラブのオスの馬は全てセン馬(たぶん)。

M指導員に手伝ってもらいながらなんとか馬装を終え、いざ馬場へ!
ただでさえ今までレッスンしていた馬場よりも3倍以上は広いのに、私と夫のたった2人と2頭では本当に広すぎ!!
ここで一気に緊張がピークに達し、鐙の調整も手が震えてモタモタしちゃった。
馬上で鐙と腹帯の調整をしている間、リゲルは

『おいおい、アンタほんまに大丈夫かいな〜』

って感じで何度も何度も振り返って様子を見ていました。
でも決して動いたりせず、じーっと我慢して待ってくれるいい仔ちゃん。

最初は私が先頭で、馬の様子を見るための並足から。
どんな扶助でどのくらいの力でどう動くのか分からないので、脹脛で軽ーく圧迫する程度。
リゲルはこの軽ーい些細な圧迫でスッと動き始めます。
良し良し、良い仔だリゲル。

この小さな圧迫をする・やめる・する・やめるを何度か繰り返し、その、する・やめるのリズムを少し変えてみることに。
圧迫する・やめる・・・・する・・・・やめる・・・・・・する・・・・・・やめる。
M指導員は、リゲルは圧迫を実際にしないで心の中で念じるだけで良いって言っていたけど、暫く圧迫をやめるとトコトコ並足がちょっと遅くなるの。
もちろん足の扶助をやめて念じてみたけど、初対面の馬と心が通じるわけがない(笑)
なので、サボったらダメよという意味も込めて、軽い圧迫を送り続けました。
リズムを崩さず一定の速度で並足をするようになったら、馬上から良し良しと撫でてやります。
馬は褒められて伸びるタイプみたい。私と一緒だわ〜ウフフ。

何周か並足をして馬の様子を見たところで、軽速足の練習です。
この新しいレッスンでは、これから地獄の軽速足特訓が始まるらしいの。
まずは鐙の長さが適切かどうか確認するために、並足で立つ・座るを何度か行い、同時に、手綱の長さや手の位置・膝の位置の確認もします。

鞍が今までよりも小さくなったのでちょっと怖いなぁ〜
と思っていると、リゲル再び振り返り私をジーっと見る・・・
アララ、もしかして私の今の気持ち、察知したの?
私はリゲルの気持ちは全く分かんないんだけど(汗)
リゲルが何を思って振り返ったのか分からないまま軽速足の練習開始です。
早めの並足から軽速足に馬の動きが変わったところでリゲルの動きに合わせて、立つ・座る・立つ・座る・・・
M指導員から、

『もっと動作を大きくゆっくりと!』

ハイッ!

『早く立つ座るをやると、馬のスピードもどんどん上がってきます。
 リゲルは速く動きたい馬なので、もっとスピードを落として!ゆっくり動作して!』

ハイッ!

『(夫の馬との)馬間距離が狭まってきていますよ、ほら、もっと空けて!』

ハイッ!

『手綱が緩んできてる!もっと張って!』

ハイッ!

45分終わる頃にはもうグッタリ。
馬を洗い場に戻し、馬装を外し・・・ここからはお初の馬のお手入れです。
まずは砂で汚れた足を洗います。
馬の足に身体を沿え、1本ずつ足を上げさせるの。
これがかなり怖い。
だって噛まれたり踏まれたり蹴られたりする可能性大だもん。
馬の耳が後ろ向きに倒れている時は馬が怒っているサインなので、馬の耳と様子を良く見て手入れをしなければなりません。
幸いリゲルは耳を倒すことも無く、のほほーんと立っていたので足のお手入れも比較的スムーズにすることが出来ました。(ホッ)
次にタオルで身体を拭き拭き。
拭くのは必ず一定方向で。顔に近い側から順番に。
汚れを落とし毛並みを整えたら、馬着と呼ばれる寒さ対策のお洋服を着せます。

この日は馬を厩舎に戻すのも挑戦しました。
自分の厩舎に戻ったリゲルはお腹が空いていたのか、速攻飼い桶(ご飯を入れるバケツ)に頭を突っ込んで餌をムシャムシャ。
ちょっとぉ〜まだ無口外していないんだけど・・・
M指導員が、食べていても無口を外しても大丈夫よと教えてくださったので、リゲルよ、ちょっと失礼。

お疲れさま!どうもありがとうとお礼を言って、今日のレッスンはおしまい。

レッスン後のミーティングでは、まずは広い馬場に慣れていくことをアドバイスいただきました。
最初から何でも出来る人は居ないので、焦らずゆっくりと。
そして、同じ馬に乗ることが出来る専用馬の案内もしていただいたけど、私も夫も競技に出たりライセンスを取ったりすることは考えておらず、どんな馬でも同じようにコントロールして楽しく乗馬できることを目標としているため、専用馬は考えていないと伝えました。
専用馬といっても、馬を買って自分の馬にするわけじゃなく、1レッスン5000円くらいの追加料金を払い、慣れた馬で常時レッスンを受けること。
もちろん自分が乗っていない時間帯は他の人も乗ることが出来ます。
競技やライセンス取得を目標としている人は、専用馬システムを利用している方が多いようです。
本気のお金持ちのセレブな会員さんたちは、サクッと何百万円も出して自分専用の馬を買い、毎月20万以上の預託料を払い、馬のメンテナンスにもどんどんお金をつぎ込みます。
通っているクラブではそんな本気のお金持ちさんが20名ほどいらっしゃるそうですよ。
我が家は超庶民なので無理無理。
宝くじ5億円当たったら、夫とタイの田舎に移住して馬もゾウも飼っちゃおうかな(笑)
って、まず宝くじ買うことから始めないとネ。

というわけで、長い長いレッスンだったけど、新しいレッスン・緊張の1回目を、ほぼマンツーマンで教えていただけたのはとってもありがたかったです。
平日の夜のレッスン、なかなか良さげだわ。
また機会があれば受けてみようっと。

今月はG.Wまでにあと2回はレッスンを受けられそうなので、G.Wはまた別のクラブへ修行に行こうかと密かに考えています。
ウフフ〜
posted by はるたん at 22:01| 東京 ☀| | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

今週もキャンセル(涙)

なんとか夕方まで持ちそうな千葉地方のお天気。
今日は行けるかなー♪と、ワクワク。

しかし・・・

夫の熱が下がりません。
現在37度ちょっと。
だるくてしんどいらしい。
あぁ、今日も泣く泣くキャンセルです。

馬ーーーーー!!

夫はグダグダだけど、私のこの有り余る無駄な体力はどうしてくれよう。
今から1人スロージョグ行ってきます。
ボテボテ走りで6キロ走ってちょうどかな。
(どんだけ元気なんだ、私)

今までの馬の記事に付いて。

わたくし、漢字間違えていました。

並足⇒並歩(なみあし)
軽速足⇒軽速歩(けいはやあし)
です。
足の漢字ではなく、歩の字。
失礼しました〜
記事訂正は面倒なのでしませんよ。他にも間違いがあったらごめんなさい。
posted by はるたん at 11:36| 千葉 | | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

久々の乗馬レッスン♪

先日土曜日は、約1ヶ月ぶりの乗馬レッスンでした。
朝から爽やかな青空が広がっていて、暑くもなく寒くもなく絶好の乗馬日和!

午前中のレッスンを予約していたのだけど、この日は馬も人も大混雑でアワアワ。
そんな中、私の今日のパートナーの馬・ノルデンは、前の朝一のレッスンから終わったあと洗い場で鞍を外して待機してくれていたようで・・・ノンビリムードで待ってくれていました。
ノルデン、キミはおっきいねー。
鞍をノルデンの背に乗せようにも体高があるので鞍が持ち上がりませんけどー。
そんな、久々の馬装でアワアワしている私を尻目に、キミはうたた寝かいっ!(笑)
ノルデンは立ったまま寝てました〜(カワイイ)
時々、

ハッ!

と目覚めては

『まだなのね。準備できたら起こしてちょ。』

って感じでまたウトウト。
この馬はもしかしてノンビリ屋さんなのかしら?と思いつつ、いざレッスンに出てみると・・・
最初はちょっとノロノロ。でもだんだん調子良くなって、インストラクターの方も

『さっきの朝一のレッスンでは全然動かなかったのに、今はよく動いている!』

ってビックリされていました。

ノルデンへの足の扶助は、蹴りよりも圧迫3秒が伝わりやすいみたい。
並歩から軽速歩への扶助はかかとを上へずらす。(かかとでお腹を軽くなで上げるイメージ)
おー、速い速い!
揺れが大きいので、この揺れを利用して、前回からの宿題だった、立つ・座るを大きくゆっくりと意識しながら練習できるわ。
でもでも、やっぱり座る時どうしても、ドスン!となっちゃう。
もっと軽く座れるように下半身と腹筋を鍛えなくちゃ。

この日教えていただいたのは、
歩度を伸ばす、縮める。
手前を合わせる。
前進気勢とは。
手綱を張る、緩める。
馬間距離を保つ。

です。
レッスン内容は難しかったけど、とても楽しく幸せな気持ちで受けることができました。
ありがとう、ノルデン♪

この日はレッスンに来ている方がとっても多かったので、急遽臨時レッスンも開講されました。
私はもう1鞍受けたかったけど、夫は

『お腹空いたから今日は遠慮しとくわー。』

おまいは子供かっ!(笑)
まあレッスンは来週もあるので焦らなくてもいいか〜
次のレッスンは日曜日。
お天気も大丈夫そうなので、DVD観てイメトレしとこうっと。

そうそう、週イチで都内から会議でやって来る会社のオッちゃんが、今年から始めたダイエットでなんと15キロもの大減量に成功し、ふた周り以上スリムになりました。
又聞きなので詳しくは分からないけど、1月からの4ヶ月間、食事制限をしたみたいです。
スバラシイ根性!
オッちゃんの爪の垢を煎じて飲ませて欲しいです。

私はというと・・・
テクテク歩き&ボテボテ走り続けているけど、まったく効果なし。
それどころか体重、何故か右肩上がりで増えていってますけど?(何故なんだ)
脹脛、ただでさえゴン太なのに、更に大きくなってますけど??
この調子だとカワイイヒラヒラお洋服が似合わなくなっちゃう。(今もって似合っているのかと問われると、即答出来かねますよ)
そろそろ本腰で食事制限しなくちゃいけないかしらね。

隣の美人派遣さんもダイエット頑張るそうです。
今年の夏はビキニ着てプール行きたいんだって。
モデルのナナオ激似の美しいスレンダーさんなのに、一体どこをダイエットするのか聞いてみると、

『割れた腹筋でカッコ良くビキニ着たいの。』

だって。
そんな彼女は毎日腹筋を100回しているそうです。
美は1日にして成らず・・・
美しい人ほど努力家なのね。
それに比べて私ときたら・・・グータラも1日にして成らず(バカ)。

posted by はるたん at 00:51| 千葉 ☔| | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

今日は乗馬レッスン♪

昨日今日と爽やかな青空が広がっている千葉地方。
昨日は金曜日の不摂生グータラが祟ったのか、1日頭が痛くてリビングで撃沈していましたが、今日は目覚めも良くとってもスッキリ!

今日は午後から乗馬レッスンです。
だんだん気温も上がって、馬も人も暑くて大変だけど安全に楽しくレッスンを受けに行って来ます。
今日の選定馬はどんな馬かな〜♪
先週習ったこと、上手く出来ますように・・・

posted by はるたん at 10:18| 千葉 | | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

乗馬レッスン、15鞍目

先週日曜日の乗馬レッスン、15鞍目のメモです。

この日は午後からのレッスンを予約していたので、午前中は身体をほぐすためにビリーを1時間。
いやー、運動前の運動ってステキね♪(意味不明)

さてこの日は初めて牝馬ちゃんに乗りました。
名前はチャトルマン。
マンなのに女の仔?
指導員の方が、

『チャトルマンちゃんはとーーっても可愛いんですよ。
 素直でよく動いてくれます。
 でも後ろに他の馬がいるのが苦手なので、それだけ気をつけてくださいネ』

洗い場もこっち側で!と、他の馬と背中合わせにならないほう側を指定されました。
夫はよく牝馬にあたり、なんだか面倒くさそう(笑)なので、

『はぁ〜、今日は牝馬かぁー。先週のノルデンとかリゲルあたりの大きなセン馬がいいなぁ』

と、ちょっぴりガッカリしたのもつかの間。
指導員さんが厩舎から連れて来てくれたチャトルマンは、ロディやうずら並みに小柄で、お目目クリクリキラキラ☆のとってもカワイイ仔でした。
声をかけながら近づいて首を撫でると私の右腕に顔をビトッ。
たぶん顔が痒かっただけだと思うけど(私の腕で掻いただけ)、しぐさ1つ1つがいちいちカワイイ。

夫は先週に引き続き強気の牝馬・フラワーだったので、馬装は全て指導員にお任せです。
チャトルマンの馬装は夫に手伝ってもらいながらやりました。
この間もチャトルマンは大人しくじーっとしています。
チャトルマンは元競走馬(クラブの殆どの馬が元競走馬ですよ)で、走るのがとっても速いんだって。
そして馬場も障害も何でもこなせるスーパーホース。
クラブでは、その人のやりたいこと・レベルに合った馬でレッスンを受けられる専用馬システムがあるんだけど、チャトルマンの専用馬の料金はなんと1回4500円!
そういえば、以前乗ったマックスブライアンも障害飛んでいた当時は月4万円もかかる超高額馬だったとか・・・
そんな高額馬、私レベルのへっぽこが乗っちゃっても大丈夫??

レッスン場に出ると、指導員の方がチャトルマンの首からお腹にかけてネックストラップという器具を装着しました。
えー、これってこの馬は頭が上がる⇒よく走る⇒恐ろしいスピードって事じゃない??
更にチャトルマンの後ろにつく馬を、最初のセン馬から牝馬のモモちゃんに変更。
モモちゃん担当の男性に

『前のチャトルマンちゃんに絶対に近づき過ぎないように気をつけてください!
 近づくと蹴られて事故につながります!!
 馬間距離を守ってくださいネ!!!』

この言葉で一気に緊張!
モモちゃん担当さん、絶対に近づかないでくださいませ〜。

しかしチャトルマン、頻繁に後ろを気にして振り向くくせに、自分は前の馬(夫のフラワー)を追い抜く勢いでスタスタ速歩するのやめてくれない?
といいつつ、私もついつい後ろのモモちゃんとの距離が気になってチャトルマンと一緒に後ろを何度も振り向いていたけど(笑)
ちなみにこの日のモモちゃんはやる気出なかったようで、時々

『いやーー!』

ってワガママしていました。
女の仔は難しいわね。

あれこれ色々気にしつつもレッスンは丁寧に。
この日は、
並歩から歩度を伸ばす、縮める。
軽速歩での手前あわせ。
軽速歩をしながら継続の合図の出し方。
手綱の張り、ゆるめ。
を教えていただきました。

チャトルマンは並歩の状態からやる気満々で、ほんの些細な軽い圧迫でもスッと歩度を伸ばしてくれます。
並足から軽速足も軽い圧迫を1秒だけ。
継続の合図を出すまでもなく、勝手にずっと軽速歩。
この状態で軽速歩で座った時にかかとをチョンとお腹に意識させてみると・・・

ギャーーーッ!
チャトルマンの頭が一気に高くなり更にスピードアップ。

『もっと手綱を短く持ってーーー』

手綱を短く持つと更に頭上がっちゃってかなり怖い〜
頭を上げさせないためのネックストラップが途中で切れちゃったんじゃないかとドキドキしてチャトルマンを見ると、

『あら、もうギブアップ? 私の実力はこんなもんじゃないわよ〜』

と、シレっとした顔で振り向かれました。
私は超初心者なんだからね!もうっ!!

しかし洗い場でのただずまい・しぐさは本当にキュート。
レッスン後のお手入れも厩舎へ戻すのも楽チンでした。
次回はもっと練習してレベルアップした頃にお願いします(笑)

さて。次回の課題は、『継続の合図』です。
今週も頑張ります。
posted by はるたん at 21:44| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

乗馬レッスン、16鞍目♪チャトルマン再び。

よく晴れた日曜日の午後、先週に引き続きルンルンで乗馬レッスンを受けてきました。

レッスン開始45分前にはクラブに到着し、早々に受付。
受付の方から 

『K川様(私の苗字じゃない)ですね。
 奥様はチャトルマン、ご主人様はラウルです。』

ん?んん??
私はK川ではありませんけど・・・と、言おうとしたところで受付の方も間違いに気づいて

『すみません!間違えました。
 すぐに確認しますのでお待ちください。』

リゲルかノルデンがいいな〜と密かに願いつつ・・・5分後。

『失礼しました〜。やはり奥様はチャトルマン、ご主人様はラウルでお願いします。』

2週連続イケイケGo!Go!の高額人気馬・チャトルマン。
またまたへっぽこの私が乗っちゃっても良いんでしょうか?
先週はチャトルマンの速さにドッキドキだったレッスン。
果たして今週はどうかなぁ・・・やっぱりドキドキ。

前のレッスンが終わってドタバタの洗い場もやや落ち着いてきた頃、チャトルマンはもう厩舎から出てるかな〜と探すこと10秒。
別の指導員の方が、

『チャトルマンちゃんは・・・ああ!あちらでボーっとしていますよ。
 珍しく疲れているのかな〜ウフフ。』

案内されたほうを見ると・・・あ、居た♪
前のレッスンから引き続きなのかな。既に馬装された状態でボケーっとしています。
ん、もう!ボケた顔もとーってもキュート☆
びっくりさせないように静かに近づき、馬の左側に立ちます。
そして名前を呼びながら自分の右手の甲をチャトルマンの鼻の辺りに近づけると、フゴフゴと手のニオイを嗅いだ後、ペロペロと手を舐め始めました。

『チャトルマン、あなたは覚えていないかもしれないけど、先週初めて乗ったんだよ。
 今週もヨロシクね。一緒に楽しもうね。』

チャトルマン、クリクリお目目でジーっと見て、そして私の身体に顔をスリスリ。
レッスン場ではとってもイケイケなのに洗い場では本当に大人しいね。
カワイイカワイイチャトルマンです。

ところで夫はどうしたかしら。
夫の今日の選定馬・ラウルは、綺麗な栗毛の3歳のセン馬。
まだまだお子ちゃまなので落ち着きが無く、とっても甘えん坊なのです。
先週・先々週と、馬装は指導員に全てお任せの強気の牝馬・フラワーだったので、夫は久々の馬装準備。
上手く出来るかしらね〜と様子を見に行くと、やっぱり!(笑)
大きな大きな甘えん坊にてこずってるじゃないの。
夫に甘えているラウルを見るだけ見て

『ほんじゃ、チャトルマンが待ってるからバイバーイ』

と、手伝わずにさっさとチャトルマンの元に戻りました。(いつでも自己チューなわたしですよ)

今日のレッスンは満員御礼状態なので、いつもの丸2ではなく道路側の馬場とのこと。
ここはすぐ傍を車やバイクが通り、その音にビックリする馬も多いのでいつも以上に注意が必要です。
馬場に出てからチャトルマンの首にネックストレッチャーをつけてもらいました。
先週はレッスン後半で首が上がってかなりスピードが出たけど、今週はどうかな。

レッスンは8頭。
私の前は大きな葦毛のセン馬・タイキシルバー。
そして後ろはリゲルから、ももちゃん(牝馬)に変更してレッスン開始です。
ノンビリ屋さんのももちゃんならチャトルマンに近づきすぎる心配も少ないのでちょっと安心。

今日のレッスンは先週の続き、
歩度を伸ばす、縮める
継続の合図の出し方
手綱を張る、緩める
脚の位置
軽速歩での手前合わせ
です。

チャトルマンは最初からやる気満々なので、扶助は脹脛の些細な圧迫1秒でOK。
歩度を伸ばす際も、馬の腹に付けている脹脛を意識する程度でOKなの。
先週は私の足の扶助よりも、指導員の『進め!』『止まれ!』の掛け声のほうに先に反応しちゃったのが多かったんだけど、今日は最初から私の足の扶助で動いてくれているような気がします。
試しに指導員の掛け声より数秒遅れて足の扶助を出したところ・・・
なんていうことでしょう!
ちゃんと私の足の扶助(圧迫)を待って進み、そして止まるじゃないの〜♪
へたっぴーの私の扶助を聞いてくれてありがとうね、チャトルマン☆

軽速歩の手前合わせもチャトルマンなら楽チンです。
軽速歩の継続の合図は、チャトルマンの場合はほとんどしなくてもOKなんだけど、1周に1回、座った時に一瞬だけかかとをお腹に意識させてみました。
これもチャトルマンは理解したのか、キュンと歩度が伸びてスピードアップします。
今週は怖くなーい。 あぁ、楽しい〜☆

でも楽しいだけじゃ終わらないのがレッスン。
私の今週のダメダメなところは、手綱が緩んでしまうこと。
歩度が伸びた時、軽速歩で歩度を伸ばした時、馬の頭が上がるのでそれに合わせて手綱を徐々に短く持ち直し、馬の口から自分の腕までをピーンと張った状態にしなければなりません。
それがどうしても出来ない。
原因は自分でも十分分かってるんだよねぇ。
1つめはまだ軽速歩で余裕がないため、どうしても手綱への意識が飛んじゃうこと。
2つめは、あまり手綱を張ると馬の口が痛いんじゃないかと思っちゃって、つい力を緩めてしまうこと。
短鞭を使う場合も、本来はゴキブリを叩くのと同じ勢いでパシーーン!って入れないとダメなんだけど、強く叩いたら痛いかなって、軽くぺシッ。
そしていつも指導員の方に

『奥様の鞭は優しすぎる〜』

って笑われちゃうの。
まあチャトルマンの場合は腹をドーンと蹴ることも、短鞭を使うことも皆無なんだけどネ。
夫が乗ったラウルはというと、途中でよそ見したり頭を振ったりする都度愛の鉄拳を下し、その度に大人しくなったそうです。
夫、ラウルと気が合いそうね(笑)

私の手綱、来週の課題だわ。

さてさて、充実したレッスンも無事に終わり、今週も嬉しい楽しいお手入れタイム。
へへーん!今週は馬と仲良くなる賄賂を持ってきたんだもんネー
にんじんをスティック状にカットし、こっそりポッケに忍ばせてきたの。
洗い場に戻り、クリリンお目目でじっと見ているチャトルマンに、

『お手入れ中も良い仔でいたらおやつあげるからね。』

と、ポッケのにんじんをチラ見せ(笑)
すると、チャトルマン。

『おーやーつーーー!!ちょーだい、ちょーだい!!』

か、カワイイ。
この可愛さに負けて1つあげちゃおう。

ハムハムポリポリ。
にんじん効果は絶大です。
途中、勝手に私の右ポケットをフゴフゴしたりツンツンしたりするのはご愛嬌。
お手入れも終わり、厩舎へ戻すのもさせてもらいました。
ちょうど夕飼の時間だったので、自分の馬房に戻る足取りも軽い軽い。
しかし・・・先に戻したラウルは晩御飯があったのに、チャトルマンはまだ用意されていません。
明らかにガックリの様子。
こんなこともあろうかと、にんじんを多めにカットしてきたんだよ。
残りのにんじん・・・といってもたった4切れだけど。
1本ずつ手渡しで食べさせ、まだ食べ足りなそうなギブミーおやつ!顔に後ろ髪を引かれる思いでバイバイしました。
ありがとう、チャトルマン。
またにんじん持ってくるからね。

今週末ももちろんレッスン予定です。
次はどんな馬に会えるのか楽しみ〜ムフフ。

posted by はるたん at 00:03| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

明日は雨かぁ〜

今日はお天気何とか持っている千葉地方。
あぁ、乗馬レッスン土曜日にしておけば良かったと、かなり後悔中です。
しかし夫が金曜朝から腰が痛いらしく・・・雨でもお天気でも今週は行けなくなっちゃったんだけど。

夫の腰痛持ちは10年以上のようです。
25歳くらいの時に交通事故で後ろから追突されて痛めちゃったらしいの。
ずっと痛いわけじゃなく、たまに『無理ーっ!』となっちゃうみたい。
乗馬は全身運動なので、これまでに夫の腰痛でキャンセルした回数はおそらく5回は下らないね。
一応来週末の分を予約したけど、平日の晩に私だけレッスン参加しようかなと思っています。
木曜日か金曜日辺りが狙い目かしらん。

というわけでヒマな週末。
乗馬レッスンの本を見てイメトレしたり、新しいキュロットやレインコート(乗馬用)、ボディプロテクターをショップ比較したり。

乗馬用レインコート、欲しいんだけど高いのよ・・・
雨の日はキャンセルしているので、クラブの会員さんたちがどんなコートを着用されているのか知らないんだけど、まずは長めのコートタイプから検索してみた。

乗馬用ロングコート

↑は、色は黒か紺しかないみたい。

ジャックマーフィーロングコート(女性用)

↑こっちのはフィンランド製だって。
ブラックベリーが素敵☆

カバロの素敵レインコート

↑既に完売。
めっちゃ素敵なデザインだわ〜
ただしドヘタクソの分際で着ると洋服負けしちゃうので、上手くなったら欲しいな。

トレンチタイプのレインコート
↑デザインは良いんだけど、かなり厚手みたい。
梅雨の蒸し暑い時は着られないわね。

エーグルのレインコート
↑これも良さそう!(高いけど)
他の色はないのかな。

で、これだけ検索してふと思ったこと。
長いレインコートは果たして動きやすいのかしら??
今月クラブでレイングッズフェアがあるようなので、来週行った時にでも指導員の方に相談してみようっと。

キュロットは今は夫とオソロのピカーのチャコールグレー1本のみ。
まあ、私たちのノンビリペースでは1本でも十分事足りるんだけど、オバハンになっても乙女だからさー(誰が?)、やっぱりもう1本欲しいなぁと。
似合うかどうかは別として、乙女カラーのキュロットが欲しいの。

赤とかピンクとか。濃い目の紫(プラム色)とか。

マイアミシーズン限定カラー

足の細い人が赤を着るのって似合いそうだよね。
私は絶対にダメ、ヤバイパターンになっちゃうけど(涙)

さてと、今から森の公園ボテボテジョグ行ってきまーす。
運動は毎日地味に続けていますよ。
テクテク徒歩、ボテボテ走り、ビリーのうち、どれか1つは必ず。
でも全然変化ナシだけど(号泣)
私の身体、想像以上に脂肪に執着し過ぎです!

posted by はるたん at 15:51| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

しっかり晴れたやん〜

ちぇーっ、ちぇーっ。
やっぱり1人でも行けばよかったなー、乗馬レッスン。

仕方ないので、今日は家で競馬を見ていました。
乗馬をするようになって競馬にも興味を持つようになったの。
といっても、馬券を買ったりはまだ怖くて出来ないけど。(見かけによらず小心者なのです)
通っているクラブの馬は元競走馬が殆ど。
現在はノホホーンとして、私のようなヘタクソ相手にトコトコ歩いたり、スタスタ速足したり。
でも昔は疾風のように走ってたんだよね。
今年クラブにやってきた、3歳のラウルや4歳のリゲルも競走馬上がり。
3歳や4歳なら競走馬としてはこれからって時じゃないの?
でもこの仔達は数えるほどのレース参戦であっという間に引退し、乗馬用として調教されクラブで第二の人生を歩んでいます。
これが馬にとって幸せなのかどうかは誰もわからない・・・
でも私にとってはお気に入りの馬に出会えて幸せです。
一度乗ってすっかり気に入ってしまったリゲル。
また近いうちにリゲルに乗れますように。

話はガラッと変わり、今日ついに念願のオーブンレンジを買い換える決心をして注文しました!
今まで使っていたのはナショナル(この呼び方も既に古いよね)の22年前の製品。
丸いターンテーブルで、庫内もめっちゃ狭いの。
それでも独身時代の1人の時や、結婚後の2人の生活ではそんなに不便に感じることもありませんでした。
しかし、ここ1年くらい・・・いやもっとかな。
オートメニューを選んだり、時間を設定するクルクル回すダイヤルが壊れたようで、全然選べずイライラ。
もう20年以上も使ったんだもんネ。
そろそろ御役ご免でサヨナラしちゃおう。

注文したのは、パナソニックの3つ星 ビストロ NE-R304-NK という製品です。
最近のオーブンレンジは高性能なのに何故か簡単なトースター機能がついていないものが多いの。
パン大好きな我が家は、他の機能は捨ててでもトースター機能は欲しい。
探してやっと見つけました!
嬉しいことに、つい先日新商品が出たばかりなので、去年の新製品であるこの製品は一気に型落ちとなり、お値段も半額以下♪
実店舗では品切れ・品薄のところも多数のためネット注文しましたよ。
予算10万で考えていたところ、結果、代引き手数料込みで5万7千円ちょっとでゲットです。
明日には届くみたい。
嬉しいな〜
小さなオーブンで嫌になっていた手こねパン作りも、もしかしたら調子に乗って再開しちゃうかもしれません。
そしたら料理カテゴリーも超久々に更新できるようになるかしらねー。ムフフ。
あ、こう見えても一応主婦なので、毎日料理はしていますよ。
笑っちゃうくらい簡単なものばかりだけど(汗)

先日夫に、

『はるちんは最近お洒落な料理を作ってくれなくなった。』

と言われてしまいました。
ガビーン!
お洒落とは、やっぱりハートの形をしたハンバーグとか?
イニシャル入りのパイとか??(うぜーっ)
その昔週イチで作っていた生春巻きとか?(アレってお洒落?)
何だか良く分からないけど、見た目お洒落っぽい料理を作ればいいんだな。
新しいオーブンで”見た目が”お洒落な料理作り頑張ります!!

posted by はるたん at 21:30| 千葉 ☀| | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

来週から上のレッスンへ〜

ルンルンルン〜♪
今日は絶好の乗馬日和でしたねー。
夫は残念ながら都合が悪くなっちゃったので、今日は1人で2鞍受けてきました。

17鞍目はお初のカスタードプリンという馬。
プリンはいつも乗っているサラブレッド種ではなく、日本乗系種という種類なんだって。
体高はあまり無く、足も太短く、尻尾がフッサフサで長いの。
たてがみは綺麗な金髪で一部クリンとなってたわ。
北海道の道産子っぽい馬でした。
この馬、とっても面白くてすっかり気に入ってしまった!
また後日ゆっくりメモアップします。

18鞍目はこれまたお初のブルーブラッドという綺麗な栗毛のセン馬。
年齢は人間になおすと80歳くらいのおじいちゃんなんだって。
でも毛色も良く、4歳のラウルと比べてもツヤツヤ具合は負けてないね!
とっても人懐っこくて甘えん坊・・・いや、爺さんでした(笑)
こちらも明日以降メモアップです。

今日は初めての1人だったのでちょっぴり不安だったけど、馬を目の前にすると夫の事なんてすっかり忘れてたわ。
2匹とも賄賂の美味しいにんじんで仲良くなり、イチャイチャしながら楽しいレッスンとなりました。

そして今日、

『来週から上のレッスンにいきましょう!』

と言われ、早速次のレッスンからベーシック馬場・障害レッスンを受けることになりました。
それも90分乗りっぱなしのレッスンです。
乗り方も、軽速歩(けいはやあし)という立つ・座る・立つ・座るのリズムから、正反動という鞍からお尻を離さないように乗る乗り方を練習するんだって。

馬によって速歩や軽速歩のリズムが全然違っていて、揺れが小さい馬もいれば、ノルデンや今日乗ったカスタードプリンのように大きい揺れの馬もいて十人十色ならぬ十馬十色。
だいたいの人は揺れの小さな馬のほうが良いって言うらしいけど、私はどちらかというと大きいダイナミックな揺れの馬のほうがリズムが合いやすいようです。
ま、練習だからどの馬でも良いんだけどね。
実は正反動の乗り方は、2月に乗馬修行に行った館山の乗馬クラブで教えてもらっているのだ。
でもまだ全然綺麗な正反動ではないので、いろんな特徴の馬に乗ってじっくり練習します。
正反動がちゃんとできるようになったら、また館山の乗馬クラブのオッちゃんとこへ修行しに行こうっと。

今日は本当にいっぱい馬とイチャイチャしまくったので、嬉しくって顔がニヤけっぱなしです。
鼻の下もビロローンと伸びてますよ。
ルンルンな気持ちで明日から頑張れるわ。

posted by はるたん at 21:13| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

乗馬レッスン、17鞍目♪

1人で行ってきた乗馬レッスン、17鞍目のメモです。

今日のお相手はお初のカスタードプリンという名前の馬。
カスタードプリン??
名前から想像するに、薄い栗毛でプリンのようにキュートでスイートな仔なのかしら〜(どんな馬や?)とワクワク。
この日はバスで行ったので、バスでご一緒させてもらった障碍をなさっている乗馬歴4年以上の上品なお嬢さんに、どんな馬か聞いてみました。

『プリンはサラブレットじゃない品種なので、ちっちゃい馬なのよ。
 皮膚もサラブレットと比べて分厚いらしいので、扶助は強めでOK。
 ちょっと(動き)が重いかな・・・』

ふむふむ。扶助は強めなのね。

レッスン開始20分前に洗い場に降りていきキョロキョロ。
するとすぐに親切な会員さんから声をかけられ、プリンを探している事を伝えると、

『プリンはあそこにいますよ〜』

と教えていただきました。
ここのクラブは指導員さんも同じ会員さんも、みなさんとても親切なのです。
いつもありがとうございます〜

えーっと、キミがカスタードプリンなのね?
声をかけながら馬の左側に立ち、いつものように右手の甲を鼻に近づけようとすると・・・
フゴフゴ言いながら速攻私の右腕にまとわり付く馬一頭。
キミ、良いんだけどさー。いきなり馴れ馴れし過ぎない?(笑)
右手の甲を差し出すとフゴフゴニオイを嗅ぎ、美味しい味でも感じたのかベロベロと舐めたり、唇で手を甘噛みのように(実際には全く歯を立てていない)ムニュムニュムニュムニュ。
プリン、キミはものすごーーーくフレンドリーなんだねぇ。
フレンドリーは大歓迎だけど・・・、ちょっと落ち着こうよ(笑)
とは言うものの、カワイイ姿にメロメローンの私。
暫くプリンの好きなようにさせてから、ちょっと落ち着いた頃を見計らって馬装開始です。

まずは軽くブラッシング。
ブラッシングを嫌がる馬もいるので、プリンの様子を見ながらささっと毛並みを整えます。
プリン、全く嫌がる気配なし。
鞍を装着している最中も大人しくしてくれていました。
さあ、次は頭絡よ。
まずは無口を外し、頭絡をつけようとしたその時、別の会員さんが

『すみませーん。このバッグ取りたいんですけど・・・』

えー?今??このタイミングで???
彼女が取りたいバッグは、洗い場のフックにかけていて、上には私のイヤーネットと鞭を引っ掛けていたの。
会員さんは小柄な方のよう&毛糸で編んでいるイヤーネットを引っ掛けないようにそーっと外すも取れないみたい。
片手でプリンの顔を持って、もう片手で自分の荷物を取ろうとオタオタ。
そしてフゴフゴ手にまとわり付く馬一頭・・・むりーーっ!
近くに居た指導員の方が急いで飛んで来てくれて、プリンを押さえてくれました。ふぅぅ〜
気を取り直して、頭絡を装着しなくっちゃ。
右手でプリンの頭を抱え込みながら頭絡を持ち、左手でハミと呼ばれる部分を口に添えます。
するとプリン、自らハミをカプっと咥え、あーらよっと♪と、自分で口の奥まで持っていってくれたおかげで魔法のように簡単にスルスルと装着完了!
あー、何て楽チン♪

しかし大人しかったのは馬装の間だけ!
馬装が終わると、またフゴフゴベタベタとまとわりつき、まったく落ち着きないの。
ちょっと、隣のももちゃんを見習いなさいよ。
今日もももちゃんは同じレッスンに参加です。黒くて大きな身体のカワイイももちゃん。
でもまだ一度も乗った事がありません。
プリンの相手しながらレッスン開始を待っていると、通りすがりの指導員の方から、

『プリンはねー、怪獣の血が混じっているんですよ。』

『周りの空気を全く読まないKYな馬なんですよ。』

『うわー、奥様、今日はプリンなんですかー?・・・・』

えー、何何?この馬変わってるの?
それにKYな馬ってどんなんだろう??と少々不安に感じながらも、いよいよレッスン開始です。
今日のレッスンも満員御礼の10頭。
お気に入りのリゲル、ノルデンも一緒ですよ。

レッスンは並歩・速歩・並歩・止まるを何度も繰り返しながら、素早く的確に扶助を出す練習です。
プリンはどんな扶助が合うのかな?様子を見ながら軽めの圧迫から始めます。
圧迫はあまり効いていなそうだったので、腹を軽く蹴ったり、かかとでお腹をこすったり。
それでも効かない場合は鞭でバシッと。

で、この馬、45分のレッスン中になんと3回もボロ(ウンチ)しちゃいました。
それも決まって軽速歩に入る直前にウンチ。
せっかく10頭が良い調子で歩度を伸ばしている時にジャストなタイミングでウンチです。
そして歩度が縮まり並歩に・・・でも1人ウンチを出してスッキリンコのプリンは、皆が並歩に戻ったのに1人速歩しようとするし(オイオイ)
・・・
プリンがKYな馬と呼ばれる理由がひとつ分かりました(笑)

でもねー、揺れはちょっとガタガタしているけど大きくて好きな感じ。
タイミングが合わせやすく、合うととっても気持ち良く軽速歩が出来ます。
だけどすぐにウンチするから、なかなか軽速歩が長続きしないのが難点。
一体どんだけ出すねんー!!って、私も万年お腹絶好調だからプリンの事言えないんだけどネ。
プリンの意識をもっともっと自分に向けさせることが出来るようになると、スピードを落とさずウンチしながら走らせることが出来るそうです。

そんなこんなで、プリンの憎めないKYな雰囲気がおかしくて、&指導員Tさんの冗談が楽しくて、終始笑いの絶えない幸せな時間を過ごすことが出来ました。

レッスン後、何人かの指導員の方から、プリンの感想を聞かれました。
もちろん、一気にお気に入りです♪
また是非乗りたい!ジャンジャン乗りたいって伝えると、

『そう言って頂いてこちらもすごく嬉しいです。ありがとうございます〜
 今日の馬はプリンですって言うと、結構嫌がる方が多いんですよ。
 奥様に気に入っていただけて、プリンも喜んでいますよ。』

ええ、私もプリンに乗せてもらってとっても嬉しくて楽しかったですよ。
こちらこそありがとうございます。

さて。
このレッスンの反省点は、
・足の圧迫が弱かったこと。(この馬に対して)
・軽速歩の時、手綱が緩んでしまうこと。

前回のレッスンよりちょっとだけ良くなった点は、
・鞭を使うのがちょっとだけ上達した(バシッと叩けるようになった)。
・軽速歩での手前がすぐに合わせられるようになった。

良くなった点はもちろんプリンのおかげ。
ニブチンの分厚い皮膚だからバシッと叩く練習をさせてもらいました(笑)
そして手前合わせは、揺れが大きいのでとっても合わせやすかったです。

カスタードプリンのお手入れは、続けてのレッスンがあったため今回はナシです。
頑張ってくれたご褒美に美味しい黄色いにんじんをたくさんやり、最後までフゴフゴベロベロのベタベタしいのプリンでした。
ありがとう、また乗せてね!
posted by はるたん at 23:18| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

乗馬レッスン、18鞍目♪

今週は怒濤の図面ラッシュ!
おまけに関係書類のフォーマット変更で修正・修正・修正・・・
久々に残業をやってしまいました。疲れたー
でも頑張った分、週末楽しみだもんネ〜

・・・雨やん。
どーしていつもいつも週末を狙って雨降るの?
明日は初めての90分レッスンなのにぃー!
天気予報見て早くも諦めモードの夫。

『明日も雨だし、ここは乗馬をキャンセルしてヨコハマにご飯食べに行かない?』

えー、キャンセルぅ?
明日、お天気回復してくれないかな・・・と願いながら、先週の乗馬レッスンメモアップです。

18鞍目のお相手は、またまたお初のブルーブラッドという馬。
ここでも乗馬歴4年以上の障碍レッスンに夢中な上品なお嬢さんに馬の事を聞いてみました。

『わー、良い馬にあたりましたね!
 ブルーブラッドは賢くてよく動く人気の高い馬ですよ。
 最初の並歩はゆっくりだけど、速歩はとっても速いですよ。』

情報ありがとうございます♪
17鞍目のレッスンの後暫し休憩を取り、次のレッスン20分前に洗い場に降りました。
すると指導員の方が

『ブルーブラッドは今日は2回続けてレッスンに出ていたのでお昼ご飯がまだなんですよ。
 今馬房に戻ってランチタイム中なので待っててくださいネ。』

聞くと御年80歳(人間に例えて)のおじいちゃん馬とのこと。
今日は暑い夏日なのに、続けて3レッスンも頑張るんだね。
どんな馬がやってくるのかワクワクしながら待つこと10分。
指導員の方が連れて来てくれたブルーブラッドは、とてもおじいちゃんに見えないキレイなツヤツヤ栗毛の大きな馬!

『とっても大人しくて良い仔ですよ〜。背中のゲルパットは2枚重ねてフワフワ仕様にしてくださいネ』

お昼ごはん食べに馬房に帰ったとき、藁の上でゴロゴロしたのかな?
全身にオガ屑がいっぱいついています。鞍を装着する前にブラッシングしなくちゃね。
いきなりブラッシングは馬も吃驚するだろうし、何よりも初対面なので、まずはお初のご挨拶、右手の甲を鼻先に差し出し様子を見ます。
するとブルーブラッド。さっきのカスタードプリンと同じようにフゴフゴニオイを嗅ぎハムハムペロペロ。
ついでに顔を胸にこすり付けてきた。(たぶん顔がモーレツに痒かったんだと思う)
かーーーわーーーいーーーー!!!
レッスン前だけどポッケに忍ばせていた人参スティックをブルーブラッドにやり、

『ちょっとブラッシングするよー』

と声をかけながらオガを払い落としました。
毛並みを整えキレイになったところで鞍を装着。
腹帯を締めてもバタつくことのないとってもいい仔ちゃん。
頭絡は指導員の方が付けてくれたので、あっという間に馬装完了です。
無口を外し手綱を持って待っている間、ブルーブラッドの顔を右肩に乗せて右腕で馬の右頬をナデナデ。
このとき馬の左頬と私の右頬がピタッと密着していて、馬の体温とニオイ(あの独特のニオイ大好き)を直接感じる事が出来るこのポーズを、勝手に”仲良しポーズ”と呼んでいます。
仲良しポーズはどの馬でも出来るわけじゃないけど、この時間が私は大好き。

さてレッスン内容ですが、17鞍目とメンバーもほぼ一緒だったので、引き続き、並歩から歩度を伸ばし軽速歩・継続・歩度を縮め並歩・止まるの練習をしました。
ブルーブラッドはというと、足の軽い圧迫ですっと発進します。
でも並歩は噂どおり恐ろしくゆっくり。
こんなにゆっくりの並歩ってもしかして記念すべき1鞍目のファンドリーマジック以来じゃない?
と、レッスン場を見渡すと・・・ファンドリーマジックが同じレッスンに居ました!!
ホワンとした彼もノンビリ(笑)
並足から歩度を伸ばすために更に圧迫。
するとブルーブラッド、今までのんびり歩いていたのに急にサクサク動き出し、更に圧迫&腰で馬の動きに合わせて動かすと(随伴っていうんだって)、更に元気の良い速歩になりました。
手前合わせも合わせやすく、さっきのプリンのように途中でボロタイムもないので軽速歩も継続できました。
とってもいい仔のブルーブラッド、レッスン中何度もいい仔いい仔しまくりで大好きチュッチュッ。

さて今回のレッスンの反省点は、
・手綱が緩くなっちゃうこと

毎度毎度どーしても、手綱を常にピーンと張るという意識が途中ですっ飛んじゃう私。
今は何とかなっても、上のレッスンで更に馬のスピードがアップした時危険なんです。
手綱を張る=引っ張るとはまた違う。引っ張っちゃうとそれは馬にとって停止の合図になっちゃうし。
この場合は私の手の位置が高くなっていると思う。
手の位置はお臍の辺りで動かさず、馬の口のハミを適度に感じながら常にピーンと張っている状態は難しいなぁ。
レッスンの途中、隣の馬場で4級取得のためレッスン(たぶん)を受けている方の軽速歩の腕の位置・手綱の張り・姿勢を盗み見しました。
私のとはじぇんじぇん違う!
軽く手綱を持った状態に見えるのに、しっかりと張っています。
拳はお臍前で安定し、肩も下がっている。
馬の口から肘まできれいな一直線。
次回のレッスンでは肩と肘の位置を意識しながら手綱をもってみよう。

レッスン終了後、ブルーブラッドの今日のお仕事は終わりということで楽しい嬉しいお手入れタイムです。
すぐに頭絡と鞍を外します。
うわー、汗いっぱいかいたね!背中から湯気が出てるよ。
お水は飲まなかったので、ご褒美の人参スティックをハムハム。
さあ足からキレイにしようね。
肩で前脚を押し上げ足を上げさせて裏掘り。
でもすぐに足を下ろそうとするブルーブラッド。
足洗えないよー、キチャナイままになっちゃうよーと言うと、言葉が通じたのかどうかは分からないけど、爪先立ちのような状態にして

『はい、どーぞ!』

あら、とっても洗いやすい。
片足を洗い終わるともう片方の足を同じように爪先立ちさせて、はい、どーぞ!
後ろ足も同じく。
洗い終わるころ私の腰をツンツン。

『おやつちょーだい』

はいはい。いい仔ちゃんにはご褒美あげちゃうぞー。
そしてまた大人しくされるがままのブルーブラッド。
次はタオルで足の水気をキレイに拭き取ります。
拭き終わるとまたツンツン。
はいはい、人参どーぞ。
次は冷たいタオルでさっぱりしようね。
顔を拭いていると腕をハムハム。首を拭いていると顔をスリスリ。
知らん顔して拭き続けていると、

『おーーーやーーーつーーーー!!ちょーだい』

と前肢をカキカキして猛アピール。
はいはい、どーぞ。
ハムハム食べると

『おかわりある?』

ってつぶらな瞳を潤ませながらじーーーっ。
まだあるよ。でもまだお手入れ終わってないからもうちょっと我慢してね。
ツンツンスリスリ攻撃されながらも、なんとかお手入れ終了。
馬房に戻し、残りの人参を食べさせ今日はお終い。

穏やかで真面目で食いしん坊の21歳のおじいちゃん馬のブルーブラッド。
乗せていただいてありがとうございました。
次回乗るときもよろしくね。

明日はお天気回復しますように・・・
posted by はるたん at 00:06| 千葉 ☔| | 更新情報をチェックする

お天気回復!

ヤッター!!
曇り空だけど時々晴れ間が見え隠れしている千葉地方。
レッスンは受けられそうです。
馬場は田んぼ状態だと思うけどね(笑)

今日はどんな馬との出会いがあるかな。ワクワク♪
久々にロディ選定来ないかなー。
クールだけどオットリ大人しいロディ。
小さめのボディにおでこのハート型の模様がチャームポイントで、レッスン前からとっても真面目ないい仔ちゃん。
扶助があやふやだと、耳をギュー&振り返ってチラ見されるけど(笑)
また乗せてほしいな。
ま、どの馬でも良いんだけどね。

さあ、今日もレッスン前の運動はビリーに決まり!
posted by はるたん at 13:05| 千葉 ☔| | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

大好きなリゲル☆

週末の乗馬レッスンは始めての90分レッスンでした。
2鞍続けて受けることはたまにあるんだけども(1鞍45分です)、レッスンの合間は約1時間休憩があり、その間に馬のお手入れしたり自身の休憩を取ったりしているので、90分一度も馬から降りずに乗りっぱなしというのは初めてです。

で、で!!
初めてのベーシック馬場・障害レッスンのお相手は大好きなリゲルでした。
受付で

『ご主人様はシェルパ、奥様はリゲルです。』

と教えてもらった瞬間、思いっきり顔がニヘラ〜〜となっちゃった。
レッスン前もレッスン後も、日常に戻った昨日・今日も、リゲルのおかげでルンルン♪

確かにクラブへ到着するまではロディに乗りたい気分だったのだけど、週末のロディはベーシックC・Bのレッスンで大忙しなので、きっと選定されないだろうなぁと9割方諦めていたの。
残りの希望1割は、以前私がチャトルマンに乗った同じレッスン(ベーシックA)でロディが出ていたので、
『もしかしたら・・・』ってささやかな希望を持っていたのです。

レッスン後指導員の方にさりげなくこのレッスンでロディの選定があるかどうか聞いてみました。

『指名していただくことは可能ですよ。
 でもロディは頭を振り始めたら結構キツイ。
 手の力が強い人じゃないとしんどいかなぁ・・・』

あぁ、そうだった。
彼はとっても大人しくて真面目なんだけど、何故かレッスン途中で頭をブンブン振りはじめる事があるんだった。
過去3回騎乗して、3回目にかなりブンブンされたっけ。
更に速歩がとっても速いので、前の馬を追い越す勢いでテクテク。
慌ててブレーキをかけようとしたところ、ロディにガンを飛ばされた11鞍目の失敗。
(レッスン後はスリスリしてきてくれてメローン)
でもでも噂によると、揺れが柔らかいので正反動の練習に良い馬なんだとか。
このレッスンに出ているといつか選定されるかな。
30鞍目くらいまで待って選定されなかったら、私のほうから思いきって指名させてもらおうっと。
と、ロディの話はこれくらいにして。

さあさあ、リゲル。
キレイな栗毛の大きなセン馬で、洗い場でもレッスン場でもとっても大人しい良い仔ちゃん。
この日は梅雨の合間で蒸し暑く、若馬働き者のリゲルは直前のレッスンも参加していて、汗ビッショリで洗い場にいました。
直前のレッスンで騎乗されていたお嬢さんも汗ビッショリ。
レッスン後のお手入れはまだやった事がないらしく、

『あっちでお手入れ講習に参加するので、この馬のお手入れをお願いしても良いですか?』

ええ、ええ。良いですよ〜
私も初心者なので大したことは出来ないけど、まるで溺愛している息子のように、
『お水飲む?』
『お顔きれいにしようね。』
『汗いっぱいかいたねー。サッパリしようね〜』
『おやつ食べる?』
『虫がうるさいねー。追い払ってあげるね。』
とまあ、至れり尽くせり。
私、かなり尽くす女なんです。
リゲルもフゴフゴしてくれてますます大好きチュッチュッ☆
本当はレッスン前に甘やかしちゃうとレッスンをナメてしまうのでダメなんだけど、久々のリゲルだもん。
テンション上がっちゃうよ。

お顔が他の馬より多少大きくても。
(シーグランドもお顔が大きかったなー笑)
他の馬より(過去に乗った馬の中で)体臭がちょっぴり強くても。
(クンクン、なかなか良いニホイですぞ!)
あんまり男前(ブサイクとまではいかない)じゃなくっても!
(モロちゃんはかなりのハンサムさんだったなー)
おやつの食べ方に品が無くても!!
(慌てて食べたらガサツに見えちゃうよ)
心トキメク大好きな馬です。

腹帯だってギューっと締めても全然バタつきません。
しかし何故か頭絡だけは苦手みたい。
手綱を首にかけて無口を外すまでは大人しいんだけど、頭絡を目の前に持って頭を右腕で抱え込み、ハミを口に近づけると

ヒョイ

と、頭を高くしてかわされちゃうのです。

『リゲルーーー!』

呼ぶと頭を下げてくれるけど、またすぐにヒョイ。
前回も失敗し今回もダメ。
指導員Tさんが、

『リゲルの頭絡付けは指導員でも難しいんですよ。』

と。
Tさん、ホーホーと声をかけながらささっと装着。さすがです!

頭絡とイヤーネットを付けた後はまたまた大人しいいい仔ちゃんのリゲル。
お水を全然飲まなかったけど、これから90分大丈夫かな?
ドキドキワクワクのレッスン開始です♪
リゲルと一緒ならきっと楽しいレッスンになるはず!
レッスン内容は明日アップします。

はるたんの好きなリゲルってどんな馬?って興味のある人は↓のYouTubeをクリックしてみてね。

リゲル競走馬時代の動画です。
競走馬時代の馬匹名はマルブツサバンナだったんだって。
リゲルカッコイイ☆



posted by はるたん at 21:59| 千葉 ☔| | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

乗馬レッスン、19鞍目♪正反動とツーポイント

今日は台風一過で朝から気温がグングン上がり、蒸し暑い日でしたね。
でも明日からまたお天気が崩れるみたい・・・
週末は大丈夫かなぁ。

さてさて、自分のための乗馬レッスンメモです。
大好きなリゲルと一緒のベーシック馬場&障害レッスン。
さっきまで大混雑していた丸馬場は、なんと私と夫の2人だけ!
いつも優しく丁寧なT指導員も、

『さあ、何やりましょうか?
 お2人だけなのでやりたい事を思う存分指導致しますよ!』

やりたいことといってもねー。
だって私達まだ初心者なんだもん。
というわけで、ベーシックAで学んでいる内容をおさらいすることから始めました。
鐙の長さもいつもよりも1つまたは2つ穴下げて長めに履きます。

・馬の様子を見て、軽く些細な足の圧迫からのスムーズな並歩発進
・並歩の継続の合図
・並歩の歩度をスムーズに伸ばす・縮める
・歩度が伸びた状態からの速歩発進
・軽速歩の継続の合図
・鐙の踏み、足の位置の確認
・腰の位置の確認
・手綱の張り、歩度に合わせてこまめに持ちかえる
・拳の位置・手綱の引き方と譲り方
・手前合わせ

リゲルの発進の合図は些細な足の圧迫でOK。
歩度を伸ばす場合も、足の圧迫ぎゅーっと3秒でスッと伸びてくれます。
歩度を縮める場合は一度軽く手綱を引き、すぐに譲りながら重心を少し後ろに持っていくとゆるやかにスピードを落としてくれます。
歩度が伸びた状態からの軽速歩は、踵をリゲルのお腹に軽くこすり上げる。
リゲルの背中は安定感抜群で軽速歩の手前合わせもバッチリ。
手前あわせとは、馬が左回りで動いている場合は、右前肢が前にある状態のときに馬上で鞍からお尻が離れている状態のこと。
でも右前肢が前に来る時に一緒に立っていたら間に合わないので、以前T指導員が仰っていた

『馬の左前肢が前にくるタイミングで立ってください。』

を忠実に守っているおかげで、手前あわせだけはいつもバッチリ☆(今のところ左周り限定)
何度並歩⇒軽速歩を繰り返しても手前が合っちゃうので、おかげで『手前合わせが合わない時の立て直し方』が出来なくて、T指導員も苦笑い。
軽速歩の姿勢・リズムともに褒めていただき、次は正反動の練習です。

正反動とは、馬上で馬の揺れと一緒にポンポン跳ねるように、でもお尻を鞍から離さない乗り方です。
ここで館山の乗馬クラブで教えてもらった事が役に立ちます。
姿勢は少し後ろに重心を傾け、踵を下げて足をやや前にし、並歩の時から馬の揺れに合わせて腰を動かしていた随伴をリゲルの速歩のリズムに合わせます。
腰を前後にスライドさせる感じ。(と思う)
ここでもT指導員、

『お2人とも前回までベーシックAでしたよね?ベーシック馬場は初めてですよね??
 いきなり出来ててビックリです。』

ええ、(こちらのクラブでは)今日が初めての正反動です(笑)
まさか9鞍目後に修行先でみっちりバッチリマンツーマン指導を受けたなんて言えませんよ。
でもでもまだまだドヘタクソのきちゃない『なんちゃって正反動っぽい』状態だし、足が安定していないので、これからみっちりご指導ください。

2頭だけでは広すぎる丸馬場を、半周ずつ軽速歩と正反動を繰り返し、足の位置・鐙の踏み方(体重のかけ方)・手綱の位置をチェックチェック。
もちろんずーっと軽速歩を継続させるので、リゲルに継続の合図も忘れずに出します。

次にツーポイントという前進騎座を教えてもらいました。
ザックリ言うと、競馬の騎手のモンキースタイル(立ち乗り)です。
鐙に体重をかけて立ち、腰を浮かせて両手の拳を親指を上にして馬の肩に置く(添える)状態で乗ります。
この姿勢は障害競技をする際の基本の姿勢のようです。
ドヘタクソがやると腰が引けてへっぴり腰になっているように見えるの。
上手な人がやると人馬一体になったとってもカッコイイ姿勢です。

このツーポイント、初めてやったんだけど最初の1周は怖いったらありゃしない!
ここでT指導員にシェルパで見本を見せてもらいました。
T指導員が乗った途端、シェルパの動きも変わります。
さすが〜♪
見本を見ながらポイントを教えてもらったところで再度練習です。
へっぴり腰には変わりないけど、前のめりの怖さも抜けなんとなく『こんな感じかしら?』と、ざっくり大雑把なイメージが掴めてきました。
あー、でも鐙を踏むのが深すぎるかな・・・

足を気にすると手が(手綱)疎かになっちゃうし、手を意識すると肩が上がっちゃうし。
難しい!でも楽しい♪

リゲルも良く頑張ったね。
レッスン後いっぱいナデナデして洗い場へ戻り、馬装を解こうとした瞬間、リゲルオシッコタイム。
レッスン中我慢していたのかな。
早く楽にさせてやらなくちゃ!と腹帯を解き鞍を外します。
汗ビッショリのリゲル。
大好きチュッチュッ☆おやつの人参を食べさせながらお手入れです。
馬房に戻すのも任せてもらいました。
リゲルお腹が空いていたようで、部屋に戻るのも速い速い。
戻った途端、飼い桶に頭突っ込んでご飯をムシャムシャ。
あぁ、ガサツな食べ方だわね。でもメロメローン。
洗い場では飲まなかったお水も部屋ではゆっくり飲むんだよー。
無口を取り、

『リゲル、お疲れ様☆ありがとうね。大好きだよ。』

するとリゲル、食べるのを止めてジーっ。
そして胸にフゴフゴ。

かーーーーわーーーーいーーーー!!!
疲れも吹っ飛び、腕の筋肉痛も何のその。
嬉しい楽しいレッスンをありがとう。

そしてレッスン後のミーティングでは、思いがけず褒めていただきますますやる気アップ。
今回習ったことの1つでも2つでも出来るように、またレッスン頑張ります。
次回はどの馬かなぁ。楽しみ☆

posted by はるたん at 00:24| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

ロキ

明日働けばもう週末。
今週は毎日残業続きで1週間が早いなぁ&疲れたー

さて、先週末の乗馬レッスン20鞍目のお相手は、お初のロキという4歳のセン馬でした。
夫は・・・ついに来た!

ももちゃーん♪

真っ黒の大きな女の仔で、とっても可愛くてとっても大人しいいい仔ちゃん。
でもレッスン場ではかなりの我侭クセモノお嬢さん。
頻繁にピタッと止まり、耳をギューっと絞り、バックし始めます。
そんなももちゃんを動かせなくて、途中でリタイヤ⇒馬交代する方もいらっしゃるそうです。
夫はこの日初めて拍車という足の扶助をサポートする金具と長鞭を、T指導員から借りてレッスンを受けました。
ももちゃんは拍車がないとかなりキツイらしいです。
90分だいぶ苦労したみたいだけど、なんとかリタイヤせずに頑張った夫。
T指導員からも、

『この鞍数でももちゃんをあれだけ動かせるのはすごい!』

と褒め言葉を頂きました。
夫よ、お疲れ様。

私はというと、今回もありがたき甘甘選定のようで・・・4歳のイケイケセン馬・ロキ。
いつも通りレッスン20分前に洗い場に降りてキョロキョロしていると、T指導員から

『ロキですよね。今連れてきますので洗い場確保して待っててください。』

メインの洗い場は前のレッスンとこれから始まるレッスンの馬&人で大混雑のため、ちょっと離れた洗い場で待機していました。
お隣の洗い場にはノルデン♪
相変わらず洗い場ではホケーっとしています。
きっと同じレッスンに参加だね。キミにまた乗りたいなー。
日だまりでホッコリしているノルデンを見ながら待っていると・・・来た来た!
ちょっぴりお顔の小さなカワイイボクちゃん。
えーっとまずははじめましてのご挨拶だよね。
右手の甲を鼻先に差し出すと、速攻フゴフゴ&お顔スリスリ。
ただ単に顔が痒いのか、それとも甘えているのか全然分からないくらい強烈に熱烈にスリスリ。
おかげでレッスン開始前から私の上着はロキのヨダレやら鼻水やらでドロドロです。
ひとしきりスリスリが終わった後、やっと大人しくなったのでこの間に馬装をしました。
鞍を乗せても腹帯を締めてもバタつかずいい仔ちゃん。
でも私と一緒に同じ方向に動くのはやめてくれない?(笑)

さあ次は頭絡だよ。
手綱を馬の首にかけ、無口を外し顔を引き寄せ右腕で抱え込みます。
うん、いい調子♪
そしてハミを咥えさせようとしたところで気がついた!

手綱の付け根部分がグリンと一回転しておかしくなってるーー!!

慌てて再度無口を付けようとすると、ロキ、洗い場で完全フリー状態。
幸い手綱はまだ首にかけたままだったので、

『ロキー』

と声をかけながらこっちを向かせようとするにも

『へへーん、フリーだぜ!』

と、前へ出る出る。

『ロキ、ダメだよ。後ろに下がって。』

と、ロキの大きな身体を押す私。
前へ出ちゃダメと理解したのか、今度はお隣(ノルデンとは反対側)の洗い場へ顔をニューっと出し、
こんにちは〜。
こうなるととっても危険な状況になる可能性が高いため、咄嗟に

『すみませーん!誰か助けてくださいっ!!』

と周りにヘルプを求めました。
すぐに近くにいた別の指導員の方が来られて、グリンと一回転した手綱を解いてくださいました。
助かった。
幸いロキもお隣の馬も喧嘩っ早い性格じゃなかったようで、馬同士の喧嘩にならず惨事は免れました。
無事にロキに頭絡を付けた後、ご迷惑をおかけしたお隣の方にお詫びをしました。
スミマセンでした・・・

早速失敗しちゃったなぁ。
次はこういうことがないように十分気をつけなくちゃ。と反省です。

レッスン開始までお顔スリスリしながら仲良しポーズで待っていると、んんっ?
急に動きが止まったロキ。
そして何だか右肩が重い。
もしかして寝てる??
するといいタイミングでM指導員が

『ロキちゃんは最近よく寝るんですよ。レッスン中もウトウトするので気をつけてくださいネ』

その直後、ロキ寝ぼけて膝カックン。

『ロキー、危ないよ。起きて起きて!』

クリンとした目をパチパチさせたと思ったらまたスリスリ。
なんだかキミはワンコみたいだねぇ。

『はーい!それじゃレッスン場へ移動します。奥様とロキは3番目に出てください。』

さあさあロキ、レッスン始まるから起きてシャキーンとしてね。
でもまだ眠いロキ。
なんと今度は膝カックンどころか、寝ぼけて倒れそうになっちゃった。
自身のバランスを崩しそうになったところでハッと我に返ったんだろうね。
ドタドタとバタつき、そのバタついた自分の音でビックリのロキ。

『大丈夫?』

ロキ、あービックリしたって言う顔をしながら寝ぼけ眼を私の腕でゴシゴシしてシャキーン☆
この調子で90分大丈夫かなぁと少々不安になる私をよそに、肝心要のロキはすっかり目覚めて元気良くレッスン場へレッツゴー。
メインの20鞍目レッスンメモは明日アップします。

長くなったついでに・・・
ロキと仲良しポーズで洗い場で待っている時、ロキがこんにちは〜と顔を向けた側の洗い場にいた馬が先に別のレッスンへ出る準備をしていたの。
その馬が洗い場から出てレッスン場へ移動する途中、なんとその横の洗い場(私から数えて2つ隣)にいた女性会員さんに後ろ蹴り。
たぶん身体に寄ってくる虫を払おうと後ろ肢を上げてた位置に、たまたま人間がいただけなんだろうけど、不意に蹴られた女性はもちろん、近くにいた人たち全員に緊張が走りました。
私の手綱完全フリー事件(事件にならなくて良かった)といい、不意の後ろ蹴りといい、大きな動物相手は人間のほうが十分気をつけて注意を払わなくてはいけません。
幸い女性は大事に至らなかったようです。でもかなり痛そうだったよ・・・

馬も人もご安全に。
posted by はるたん at 23:52| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

乗馬レッスン、20鞍目♪

6月最後の日はいいお天気に恵まれた千葉地方。
風がややヒンヤリで絶好の乗馬・・・いや、釣り日和でした!(ここのところ土曜日は釣り中心)
で、いつもの大六へ行ったんですよ。
しかし先週の釣果が良すぎたのか、はたまた今日は潮の具合がよろしくなかったのか分かりませんが、ワタクシ、ボウズでした。
お天気は最高だったんだけど波がねぇ・・・がっくり。

さてさてここからは自分のための乗馬レッスンメモです。

20鞍目のお相手はイケイケGo!Go!4歳馬のロキ。(セン馬)
この日のT指導員のレッスン参加は5頭です。
ももちゃん、ノルデン、シェルパ、ロキ、そして前半だけ参加のチェロキー(だったと思う)。
レッスン前の洗い場ではワンコのように熱烈スリスリ攻撃されたり、居眠りで膝カックンと、なんとも自由奔放だったロキ。
レッスン場に入るとシャキーン☆としてクリクリお目目もパッチリ。

ロキはお口が敏感なのであまり手綱を張らないようにとアドバイスをいただきました。
あまり強く手綱を張っちゃうと途中から首をブンブン振りはじめるそうです。
頭が上がるらしいのでネックストレッチャーを付けて、更に鞍がずれないようにロキの首にバンドを巻きます。
ロキ、お口にもバンド、頭が上がらないようにバンド、鞍がずれないようにバンドととっても窮屈そう。
ごめんねロキ。
苦しいだろうけど90分ヘタッピーの相手をお願いします。

準備が整ったところでさあ開始です。
まずはゆっくりの並歩から馬の状態を観察します。
最初の並歩は出足がちょっとゆっくり過ぎかなぁ。
前のチェロキーとの間が開き気味になってきたので、足の圧迫を加えて歩度を伸ばします。
圧迫の位置は、自分が思っているよりもほんの少し後ろ。
扶助に反応したら首をポンポンと軽く叩いていい仔いい仔。
歩度が伸びたらまた少し縮めて、また伸ばして縮めて・・・の繰り返しをしながら馬の様子をみます。
次は速歩。
ギューっと圧迫しようと思ったら!!
お腹に踵を付ける程度で敏感に反応し速歩になるロキ。
キミ、反応良いね♪
ここでT指導員からロキ情報再び。

『ロキは速歩がとても速いので馬間距離に気をつけてください。』

確かに!
例によってももちゃんが最初からイヤイヤしっぱなしで、何度もピタッと止まってはバックするのでその度にロキの歩度を落とさないといけない。
その頃夫はというと、いきなり止まったかと思うとバックするももちゃんにビックリ。

『手綱を引かないで!ここでキック、そして鞭!』

ああ思い出した!
ベーシックBでうずら(変わった葦毛の小柄な馬)に乗った時、いきなりバックされてその時S指導員から

『手綱引いちゃダメ!もっとバックするよ。』

って教えてもらったんだったっけ。
ももちゃんの場合は、いきなり止まる&バックは拒否の表れだとか。
ここでももちゃんの我侭に負けず強い気持ちでビシッと扶助を与えられるかが難しいところ。
夫よ、頑張れ〜
で、私。
良い具合で速歩している状態での歩度を詰めた速歩ってどうしたら良いんだろう・・・
例えば、私が良い調子でボテボテ走りしていました。
ふと前方を見ると信号は赤になったばかり。
ここでこのままこのスピードで行くと赤信号で止まらないといけない。
止まってまた走り始めるのはちょっとしんどい。
止まらず歩かずボテボテ走りはしながらちょっとだけスピードを緩めて調整しよう。
この状態の扶助ってどうしたら良いのかしらね。
ロキは速歩が速いので、あっという間にチェロキーに追いついてしまう。
後半、チェロキーが抜けた後のロキの前はシェルパ。
シェルパも決して遅い仔じゃないけど、ロキが速すぎるのでどーしても距離が詰まってしまうの。
ここでT指導員。

『軽速歩の動作が速すぎるからロキのスピードがどんどん上がってきます。
 もっと大きくゆっくり動作して!』

あー、そういうことか。
ベーシックAに上がった最初のレッスンで初めてリゲルに乗った時、M指導員から同じアドバイスを受けたんだった。
足の速い馬に動作を速くするともっとスピードが上がる。
んじゃここは先週習った正反動とツーポイントも混ぜて調整してみよう。
結果。
正反動も速すぎですよ、ロキちゃん。
速すぎてお尻がポンポン跳ねちゃいますよー(かっこ悪い〜)
速い馬でのゆっくりペースの速歩、難しいなぁ。

この日はもうひとつ新しいことを習いました。
柵を利用してスラローム誘導です。
緩いS字を描くように滑らかに右へ左へと誘導していくの。
これがめっちゃ難しい!
早め早めに右へ左へと手綱と足の扶助で誘導しようにも全然思うようにいかないの。
ロキも私のあやふやな扶助で困った顔して振り向いて、

『ねえ、どっち?
 わかんないからとりあえずまっすぐ行っちゃうよー♪』

ロキ、ごめーん。
5つの柵のうち、2つしかできないことに見かねたT指導員から

『手綱をもう少し短く持ってください。
 そう、そしてここでこの位置で左手の手綱を自分の太腿へ軽く引く!
 ロキの頭が左に向いたら今度は右手の手綱を同じように軽く引く!』

T指導員の言うとおりに手綱を操作すると、あやふやで困り顔だったロキがスッスッと動いてくれた!
次回は1回目から出来るようにこの手綱の動かし方を覚えておかなくちゃ。
ちなみにももちゃん&夫はこのスラロームは全てキレイにクリアだったそうです。
誘導の練習が終わり、再び並歩⇒速歩⇒軽速歩・正反動・ツーポイントの練習です。
加えて速歩発進も。
これはロキは得意だね。
スッとキレイに速歩が出る良い仔ちゃん。
でもスピードが・・・(笑)
前が詰まっては並歩になり、そしてまた速歩発進の繰り返しになっちゃったので、ロキがだんだん首を降り始めました。
手綱をもっと長めに持たせようと何度もグイッと引っ張ってくるの。
この度に拳が上がってしまう。
本当は拳を上げるのではなくて、前へ出しちょっと緩めてまた元の位置へ戻したいんだけど、ついつい拳を上げると同時に肩もあがっちゃうの。
前回リゲルの時に褒められた足の位置も、今回は前へ流れている感じ。
あー、難しい!

そうこうするうちに90分のレッスンもあっという間におしまい。
ロキ、良く頑張ってくれたね。どうもありがとう。
馬上で思いっきりナデナデ&鬣にチュッとして下馬をすると・・・ロキ、待ってましたといわんばかりに強烈な熱烈なお顔スリスリ攻撃が始まりました。
待って、待ってよロキ。
ずっと顔が痒かったのかなとホッペをカイカイしてあげると、更にスリスリ。
頑丈な私の身体がフラついて転びそうになるほどの勢いのスリスリで、嬉しいを通り越して少々身の危険を感じた私は

『T指導員ー!助けてくださいーーー』

『右手で馬の顔を向こうに押してみて。』

グイーーっ!
やっとおさまった。
でも洗い場に戻ったらまた強烈スリスリ。
待って待って。鞍と頭絡を外して楽チンになったら思う存分スリスリして良いからっ!
お手入れはご褒美の人参スティックをハムハムさせながらルンルン♪
隣の洗い場にシェルパがいたのでシェルパにも人参をハムハム。
するとロキ。
前肢を大きな音でドンドンさせて

『それ、ボクのーーーっ!ダメーーーっ!!』

と言わんばかりに前肢をカキカキ。
あぁ、ごめんごめん。
ほらまだたくさんあるよ。全部ロキの分だよ。
ハムハムハムハム。
カワイイなぁ〜ロキ。
T指導員も

『ロキはリゲルと同じ4歳なのに、コイツは幼くて子供っぽいところが抜けていないんですよ。
 しぐさが子供みたいでしょう。カワイイですよねー。』

ほんとねー。

お手入れも終わりやっとおしまい。
ロキ、おうち帰ってゆっくりご飯食べてね。
馬房に戻すのも任せてもらい、ロキにバイバイ。

カワイイカワイイロキに乗せてもらい、新たな課題が出来たレッスンでした。
21鞍目も頑張るぞー。

posted by はるたん at 03:24| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

Chakaに乗りたかった週末

昨日の乗馬レッスンは夕方から。
親切丁寧で楽しく教えてくださるT指導員のレッスンです。

先週夫がももちゃんに乗り、初めて拍車と長鞭を使いました。
私はまだ使ったことがないし2人ともまだ持っていないので、少し早めにクラブへ行き、選定馬を教えてもらってから購入&説明を受けようと思っていたの。
先週の雰囲気から、きっと夫か私のどちらかが拍車が必要な馬が選定されると思ってたしネ。

そういえば、T指導員が馬はレッスン前日に選定されると仰っていたことを思い出し、フライングだな〜と思いつつも電話で聞いてみました。

『ご主人様はロキ、奥様はChakaです。』

ロキは先週乗ったイケイケ甘えん坊の4歳馬だから不要だね。
Chakaは初めて乗る馬。
拍車は必要なのかしら・・・と質問。

『Chakaちゃんは拍車が必要ですよ。』

そうなんですか。それじゃ、今日購入決定ですね♪
Chakaって名前からしてラブリーだなぁ〜
まだ見た事ないChakaにワクワクしながら、急いでクラブのHPの馬匹紹介ページを確認しました。
おおっ!!
Chakaは、なんと御年21歳のお爺ちゃん馬!
こりゃブルーブラッド同様、ありがたく乗せてもらわないとね♪
しかしそんなお爺ちゃん馬に拍車使っても良いのでしょうか・・・痛くないの?
爺さん馬だから皮膚がニブチンになってるとか?(笑)
まあいいや、T指導員に聞いてみようっと。

ルンルンで用意をしていると、夫。

『今日はこれから雨降るみたい。少々の雨やったらこのままレッスン出よう。
 でも本降りになったら、車のワイパーのゴムがダメになっているから無理やで。』

あー、どうしよう。
このままなんとかレッスン終了まで持つかなぁとヤフー天気予報で雨雲の動きを確認。

・・・思いっきり雨降るやん。
それもレッスン開始前から土砂降りになるっぽい。

我が家の愛車・ボクスターのワイパーのゴムが劣化していることに気づいたのは午前中。
急いで買いに行ったものの適応サイズが在庫ゼロ(涙)
ポルシェセンターに行けば速攻取り替えてもらえるだろうけど、ポルシェのディーラーは何でも高いの。
ちょっと前に、道を間違えて山の中の未舗装のガタガタ超ダートな道を長時間走ったあとギアの調子が悪くなり、ディーラーに持って行ったところ、部品代も高かったけどそれ以上に工賃がめっちゃ高かった!
高い分全てにおいてエクセレントだけど。
しかし今回はワイパーのゴム交換。
こんなしょーもない事で高い工賃取られたくないもんね。(きっとゴムも高いに違いない)
雨も本降りになるようだし・・・
今からじゃクラブの送迎バスも市のフラワーバスも間に合わない(涙)
というわけで、今回は泣く泣くキャンセルすることにしました。

クラブへ電話をすると、ベーシックC・Bで大変お世話になったK指導員が電話に出られ、

『残念ですー。Chakaはとても良い馬なんですよ!
 是非乗ってもらいたかったです。』

ええ、私もとってもとっても残念です。
来週再度選定されるといいなぁ〜
ダメだったら大好きなリゲルかロディを♪(笑)
なんてね♪

posted by はるたん at 21:35| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

久々のノルデンで幸せ☆

朝まで降っていた雨はいつの間にか止み、午後からお天気も回復したおかげで・・・

キャッホーイ☆
夕方からのレッスンキャンセルすることなく受けてきました♪

お相手は久々のノルデン♪
嬉しい、嬉しい、嬉しいーーーーっ☆

でもね、ノルデンのお顔の特徴をバッチリ記憶していなかったので(お顔に模様あったっけ?)、レッスン前の大混雑の洗い場で一瞬見失っちゃった(笑)
バケツを取りに行き、お水汲んで顔を上げると、ノルデンにしてはなんだか小さい仔が

はぁ〜い☆

と。
アレッ????
こんなに顔小さかったっけ?
違う違う。
キミはノルデンじゃない。
ノルデンは何処ーっ?と1歩さがって見渡すと、2つ向こうから私をじっと見つめる大きな仔が。
ごめーん。間違えちゃった。
お詫びにレッスン前におやつの人参をどーぞ。
手を甘噛みしながらハムハムハムハム。

レッスン開始までの待ち時間に、ノルデンの柔らかいお口をプニュプニュしながら仲良しポーズをしているとだんだん肩が重くなってきた。

『ノルデーン、どうしたの?』

と、すぐ横の顔を見ると・・・寝てました。

『ほら、危ないから起きて!』

でもとってもネムネムのノルデン。
顔をゴシゴシしても首をポンポンしても全く起きません。
何度も膝カックンするもんだから、お隣のスィーティーに騎乗されていたカワイイお嬢さんが、無口を繋いでいる鎖のお嬢さん側を引っ張ってくれました。
でもしっかり目を閉じて完全に寝ているノルデン。
スィーティーはシャキーンとしているのにねぇ〜

鼻の穴をクリクリっとすると一瞬起き、私の服で顔をゴシゴシ。
そしてまたウトウト・・・
でもそんなネムネムのノルデンも、レッスンが始まるとシャキーン!
90分間とっても良く動いてくれました。

今日のレッスンは5頭。
ロキ、Chaka、チェロキー、ノルデン、リゲルの順番です。
21鞍目のレッスンメモは後日アップします。

あー、それにしてもお尻イタイ(涙)
posted by はるたん at 23:34| 千葉 ☀| | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

毎日12時間労働

あついですねー。

先月半ばから仕事がピークになり、毎日夜遅くまで残業しています。
8時半から21時半過ぎまで。
ずーっと図面とPCを見ているので、すんごい疲れるぅ〜
これだけやっても終わりが見えないどころか、私の机の上にどんどん山積みされていく図面・・・
細かい修正が多いので、修正前に自分で赤入れを何度もチェックして関連する図面に反映させて・・・
疲れるけど、好きな仕事なので精神的にはめっちゃ元気です♪
家に帰るとグッタリだけどね(笑)

おかげで『キレイ好き』でいつもピカピカ埃ひとつ落ちていなかった私の家は、現在めっちゃ汚い。
寝る前にササッとキレイにしようっていつも思うんだけどねぇ〜
あと4ヶ月で43歳になる初老の身体では、このササッとの些細な時間がとってもキツイのよ。
幸い夫は

『ま、いいんじゃない?』

と平気のへの字。
潔癖症じゃなくてありがたや〜(笑)
明日夫は1日留守なので、片付けは明日頑張ろうっと。

で、乗馬レッスン。
メモが滞っているけど、先週も行ってきたよ。
先週の選定は、Chaka(チャカ)☆
想像していた以上に良い馬で、お気に入りの1頭になったよ。
今日は夕方からのレッスン。
馬に触れて心身ともにリラックスしてきます。
今日の選定はどの仔かな〜ワクワク♪
posted by はるたん at 15:39| 千葉 ☁| | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。