2006年08月04日

ミシンで始めて作ったブツ

やっとやっと出来ました〜♪
ミシンで座椅子カバーだす。

06-08-04-2.JPG

ただ単純に長方形に布を切って直線縫いして、ファスナーつけただけの簡単なカバーなんだけど、これだけ作るのにえらく時間がかかっちゃった。

やっぱりミシンは難しいね〜
途中、急に怪しい異音がして、上糸も下糸もぐちゃぐちゃになり・・・
何度も何度も解き直したり、今日は朝からミシン屋さんに問い合わせをして手取り足取り教えてもらったり。

ミシン屋の技術のオッちゃん、私の訳の分からないニホンゴ説明に、嫌な声ひとつ発せず根気よく、とても優しく教えてくれました。
あのオッちゃん、きっと私のことを
『この人は来日してまだ間もない片言しか喋れないガイコク人なのかも・・・』
って思っていたに違いないっ!(笑)
だって、ミシンの部位の名称を全く知らないし、使う糸のことすらチンプンカンプンだったんだもん。
それに「もう壊しちゃったかも!」ってちょっとパニック状態だったし(苦笑)

オッちゃんと私とのやり取りの一部を・・・

オッちゃん: 『釜を外してください』

私: 『カマ?カマってなんですか?』

オッちゃん: 『ボビンをおさめている部分の事ですよ。』

私: 『ボビンは糸を巻いておさめています』

オッちゃん: 『そうですか、その釜をいったん外してくださいね』

私: 『ボビン外したら縫えないです』

オッちゃん: 『上手く縫えないという事なので、今から確認してもらうんですよ。針板をねじ回しでいったん外してくださいね。』

私: 『ねじ回しはどこで使うんですか?』

オッちゃん: 『ミシンの針がありますね、その下に押さえがありますね?それは分かりますか?』

私: 『これですか?(電話だから見えねーっつーの!)』

オッちゃん: 『はいそれですよ〜、その下に鉄板の正方形っぽい板がありますね?それを針板っていうんですよ。今からその針板を外します。』

私: 『どうやって外すんですか?』

オッちゃん: 『付属のねじ回しで外しますよ〜・・・・』

以下略。
こういった、おバカ相手(私ね)の会話を約1時間も根気よく続けてくれたオッちゃん、アナタは素晴らしい!!
ありがとう〜♪
オッちゃんのおかげで、無事にカバーが出来上がりました☆
posted by はるたん at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ミシン | 更新情報をチェックする